朝ドラおかえりモネでGoogleがSaagleに!「ググるじゃなくってサグる」「うまい」「さすがNHK!」 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラおかえりモネでGoogleがSaagleに!「ググるじゃなくってサグる」「うまい」「さすがNHK!」

左から永浦百音(清原果耶)、野坂碧(森田望智) (C)NHK
左から永浦百音(清原果耶)、野坂碧(森田望智) (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第32話が29日、放送され、劇中に登場した同局ならではのインターネット検索エンジンがネットユーザーたちの間で注目を集めた。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育ったヒロインの永浦百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。女優の清原果耶が主演を務めている。

この日の放送で、テレビで有名な東京の気象キャスター、朝岡覚(西島秀俊)が久々に百音と再会。朝岡は、野坂碧(森田望智)と内田衛(清水尋也)という2人の後輩気象予報士を連れて、百音がいる宮城県登米市にやってきた。2人が来た目的は、フィールドワークを学ぶためで、野坂は防災に興味があり、内田は花粉症対策のアプリを作ろうと考えていた。

気象情報をさまざまなことに役立てようとする2人の姿を目の当たりにした百音のなかにある変化が起き始めるのだが、この日、そんな百音が、朝岡らが所属する会社「Weather Experts」についてネット検索する場面があった。勤務先のデスクトップパソコンで同社について調べた百音。彼女が会社名を打ち込んだ検索エンジンが「Google」とそっくりなデザインの「Saagle」というものだった。

テレビ画面に映ったのはほんの一瞬だったが、多くのネットユーザーがこの細かい描写に反応。公共放送としてのNHKらしいネーミングにツイッターが沸き、「saagleはちょっとうまいなw」「Saagle(さーぐる)www」「ググるじゃなくってサグる?」「Saagleか…オヤジギャグっぽいネーミングだけど、上手いと思う」「調べるのではなく探る」「『saagle』は笑えた。『探る』からやな」などの投稿が寄せられた。

なかには「SaagleはNHKドラマ御用達の検索サイト名にしていいんじゃないかぐらいいいなまえだなぁ」「Saagle!スタッフさん、上手いねぇ」「Saagle!さすがNHK!w」と絶賛する朝ドラファンもおり、一方で、「Saagleってwww 日本でしか通用しそうにない検索サイトの名前だなw」とツッコむ視聴者もいた。

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声