キングオブコントに「チョコンヌ」参戦 即席ユニット多数出場で「荒れた大会になる」「おいこがみたいなユニット出てくるかな」と期待(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

キングオブコントに「チョコンヌ」参戦 即席ユニット多数出場で「荒れた大会になる」「おいこがみたいなユニット出てくるかな」と期待

お笑いコンビ・チョコレートプラネット
お笑いコンビ・チョコレートプラネット

コント日本一を決める「キングオブコント2021」に、お笑いコンビのチョコレートプラネットとシソンヌがユニットを組んだ「チョコンヌ」が参戦する。29日、吉本興業のエンタメニュースメディア「ラフ&ピースマガジン」に意気込みを語るコメントが掲載され、ツイッターでも「チョコンヌ」がトレンド入り。今年から即席ユニットの参加が認められ、ネットでも盛り上がりを見せている。

チョコンヌは2010年に結成し、これまでにも不定期でライブを開催。シソンヌは「キングオブコント2014」で優勝、チョコレートプラネットは同大会で準優勝している実力派だが、今年はユニットとして挑戦する。

「チョコンヌ」結成時はともに仕事が少なかったそうだが、今では人気者の2組。今大会への参戦を表明し、ツイッターには「チョコンヌは激アツ」「チョコンヌがキングオブコントに出るのすごい」「今年のキングオブコント面白そう…!!!!」「絶対に面白いもんな、チョコンヌ…」などの書き込みが殺到した。

賞レースでの実績や人気ぶりから「キングオブコント、チョコンヌ出るの強すぎて反則だろ!?」「若手コント師からしたらチョコンヌめちゃくちゃ脅威だろうな」といった声も少なくない。お墨付きのユニットがどんな活躍を見せ、笑いを届けてくれるのかと大きな期待が寄せられている。

参加資格は2人以上のユニットに限るが、即席ユニットでの出場が可能になったキングオブコント。チョコンヌのほか、おばたのお兄さんとひょっこりはんのNSC同期コンビは、俳優の勝矢と組んで「おかん」のトリオ名で参戦、ゆりやんレトリィバァとガンバレルーヤは「ガンバレルーやんレトリィバァ」として挑むなど、即席ユニットが今大会の見どころとなっている。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人