フジ山崎夕貴、久慈暁子アナウンサーらによる“サステナ”ミニ番組スタート - イザ!

メインコンテンツ

フジ山崎夕貴、久慈暁子アナウンサーらによる“サステナ”ミニ番組スタート

サステナ生活法を体感する山崎夕貴アナウンサー(C)フジテレビ
サステナ生活法を体感する山崎夕貴アナウンサー(C)フジテレビ

フジテレビアナウンサーによる「体感!サステナWAVE」が7月6日からスタートする。

自分の身の回りでできるSDGs(持続可能な開発目標)活動、暮らしに役立つサステナ(サステナブル)生活法を紹介するミニ番組で、山崎夕貴アナウンサーが初回放送に登場。「新聞紙でつくるマイバック」に挑戦する。

先生から「すごく器用」と手際の良さをほめられた山崎アナは、かなり照れながら世界で一つしかない新聞紙で作ったマイバックを手に入れ、「材料が古新聞でエコだし“サステナ“ってこんなに楽しみながら取り組めるものだと初めて分かったので、家でもまた作りたい。今まで何となく意識はしていても自分から“サステナ“に取り組めなかったという方々もいると思う。番組では生活に簡単に取り入れられる“サステナ“がたくさん登場。“こんなに楽しみながら取り組む方法があるのだよ”とお伝えしていくので、ぜひ放送を楽しみに見ていただければ」と語った。

初回のみ午後11時9分から、その後毎週火曜午後10時54分から放送(関東ローカル)。2回目以降は、生田竜聖アナが「サステナ手料理」(7月13日)、久慈暁子アナが「ミツロウラップ作り」(20日)、佐久間みなみアナが「木のストロー作り」(27日)にそれぞれ挑み、その後も週替わりで同局アナが続く。

企画した同局の鈴木康平さんは「紹介される“サステナ生活法“はどれも実践的で誰にでもできるアイデアばかり。もしかしたら、日本に昔から根付く“もったいない“精神や、SNSでよく聞く“#ていねいなくらし”など日々の暮らしを慎ましくも豊かに楽しむなじみ深い生活法に近しいかもしれない。アナウンサーたちが日々の番組では見せないちょっぴりオフモードな姿で体感します」と話していた。

放送後1週間、TVerで無料見逃し配信。FODでは全放送回を無料アーカイブ配信する。


  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声