森七菜「ゾワッとする内容にワクワク」 “世にも奇妙”初出演 - イザ!

メインコンテンツ

森七菜「ゾワッとする内容にワクワク」 “世にも奇妙”初出演

初出演の“世にも奇妙”で女子高生を演じる森七菜(C)フジテレビ
初出演の“世にも奇妙”で女子高生を演じる森七菜(C)フジテレビ

女優の森七菜(19)が今秋放送のフジテレビ系「世にも奇妙な物語 ‘21秋の特別編」に初出演する。

森は2016年のデビュー以来、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(19年1月期、日本テレビ系)「この恋あたためますか」(昨年10月期、TBS系)など多くの話題作に出演している大ブレーク中の女優だ。

主演作は4作品の中で一番の長尺物語となる「優等生」で、いまどきの少しおバカな女子高生を演じる。

「子供の頃から友達みんなで集まって見ていたのがこの番組だったのでとてもうれしかった。物語も“らしさ”満載のゾワっとする内容なので、私と同じように楽しんでくれる人がいると思うと今からワクワクします」と森は飛びっきりの笑顔で話した。

ほかの3作品は「スキップ」(赤楚衛二)「ふっかつのじゅもん」(桐谷健太)「金の卵」(山口紗弥加)。山口は実に14年ぶりの出演となり「お待ちしていました!(笑)。大好きなシリーズなので、時を経て成長した姿をお見せできれば」と喜んだ。

番組は1990年4月にレギュラードラマとしてスタート。特別編という形で年に2度放送のスタイルを続けている。「ズンドコベロンチョ」「ハイ・ヌーン」「のぞみ、西へ」「ファナモ」など多くの名作を生み出しており、各時代を代表する作家、脚本家と俳優陣を掛け合わせることによって独特の世界観を作り上げている。ストーリーテラーはタモリ。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人