インド株猛威に専門家警鐘「若者の接種加速させるべき」 国内のデルタ株が約7割に達するとの試算も イスラエルでは感染者の半数以上が子供 - イザ!

メインコンテンツ

インド株猛威に専門家警鐘「若者の接種加速させるべき」 国内のデルタ株が約7割に達するとの試算も イスラエルでは感染者の半数以上が子供

 国内の新型コロナワクチン接種回数は22日時点で3400万回を超え、高齢者の1回接種率は約49%、2回接種率も15%を超えた。高齢者の感染割合も低下しているというが、問題は若者の感染増加だ。東京都の23日の新規感染者619人のうち、20~30代が約半数を占める。インド由来の変異株も日増しに拡大しており、専門家は「若者の接種を加速させるべきだ」と提言する。

 菅義偉首相は23日開いた感染症対策に関する関係閣僚会議で、ワクチン接種状況は「直近1週間では800万回を超えて増えている」と強調した上で、新規陽性者に占める高齢者の割合も低下したとの認識を示した。

 感染収束の切り札であるワクチンだが、懸念されるのはデルタ株だ。東京大の仲田泰祐准教授らの試算では、ワクチン接種が1日100万本のペースで推移しても、五輪後の緊急事態宣言の再発令は免れないという。120万本まで増やし、緩やかに経済を回復させれば再発令を避けられる可能性があるが、変異株の不確実性が高いとした。

 厚生労働省にコロナ対策を助言する専門家組織の会合では、京都大の西浦博教授から、五輪が開幕する7月23日にデルタ株が約7割に達するとの試算も示された。脇田隆字座長は「(東京は)リバウンドの状況ではないか。特に若い人を中心に都心部から感染が始まっている」と指摘した。

 ワクチン接種の最先進国であるイスラエルでも約2カ月ぶりに100人を超す新規感染者が発生した。約7割がデルタ株によるもので、子供が半数以上を占めた。イスラエルでは12~15歳の接種率は4%程度だという。

 東京医療保健大の菅原えりさ教授(感染制御学)は「接種をしていない人をウイルスが狙い撃ちしていると読み取れる。日本でも今後、接種済みの層をかいくぐって感染者が増え続けると予想される」と話す。

 河野太郎行政改革担当相は23日、職場や大学での接種や自治体の大規模接種の申請受け付けを一時停止すると発表した。米モデルナ社と9月末までに5000万回分(2500万人分)の供給契約を結んでいるが、現時点の申請数は計4500万回にのぼるという。

 米ファイザー製の接種対象となる中高生らは個別接種が原則で、どの程度進むかは未知数だ。

 前出の菅原氏は「ワクチン接種の進度、変異株の増加、個人レベルの感染対策の三つどもえのなか、今は変異株がやや優勢だ。可能な範囲で20~30代への接種を加速させるのと同時に、外出自粛や県外移動の禁止など緊急事態宣言同様の対策を続ける必要がある」と強調した。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」