ペヤング、今度は「青のり」 「歯磨き大変」「歯間ブラシ不可避」などの反響 ハイペースの商品投入にはぼやきも - イザ!

メインコンテンツ

ペヤング、今度は「青のり」 「歯磨き大変」「歯間ブラシ不可避」などの反響 ハイペースの商品投入にはぼやきも

まるか食品が28日から全国販売する新商品「ペヤング 青のりパンチやきそば」。同社公式サイトから
まるか食品が28日から全国販売する新商品「ペヤング 青のりパンチやきそば」。同社公式サイトから

まるか食品が28日からの全国販売を発表した新商品「ペヤング 青のりパンチやきそば」が、ペヤング愛好家(=ぺヤンガー)からの注目を集めている。

同社の定番カップやきそば「ペヤング」ブランドの新フレーバーで、さっぱりとした塩ベースのソースに、風味豊かな青のりをたっぷりとふりかけることで上品な味わいを楽しめるという。かやくにはカップやきそばではおなじみのキャベツ以外にポテトが使われているほか、添付のふりかけの中にも乾燥マッシュポテトパウダーが配合されており、じゃがいもの食感や風味も特徴の1つとなっているようだ。価格は税別193円。

ペヤング公式ツイッターに投稿され宣伝ツイートには、「待ってた」「今回も美味しそう」「おお!普通じゃん!」「青さじゃなくてちゃんと青のりだ。これは買おう」など、フォロワーからの歓迎と期待のリプライや引用リツイートが続々と寄せられている。

注目を集めているのは、やはり青のり。食後に歯にくっつくイメージが強いせいか、「歯磨きが大変そうだな、こりゃ」「食後は歯間ブラシ不可避」「自宅でコッソリ食べるしかない」など、青のりへの対処にまつわる書き込みが目立った。

また、「パンチがあるのか?」「上品ではないだろうと思う」など、同社のアピールポイントに疑問を投げかけるユーザーや、「パンチだからって、グローブ描かなくても」とパッケージへのツッコミも見受けられた。

同ブランドでは、14日にパスタ風のやきそば3商品「ナポリタン風」「カルボナーラ風」「ペペロンチーノ風」を発売したばかりということもあり、「新商品のペースが早い!」「まだ前回のはナポリタンしか食べてないのだ」「いやいや、まだパスタ風の3種類売ってるとこ見たことないんだけど」など、ハイペースの新商品投入にフォローが間に合わず、悲鳴を上げるペヤンガーも散見された。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳