阪神、ボロ負けの2軍メンバー「連日のゲーセン通い」で大騒ぎ - イザ!

メインコンテンツ

阪神、ボロ負けの2軍メンバー「連日のゲーセン通い」で大騒ぎ

ポストセブン
UFOキャッチャーに興じる加治屋
UFOキャッチャーに興じる加治屋

開幕ダッシュに成功し、首位を独走する阪神タイガース。スーパールーキーの佐藤輝明が打線を引っ張り、先発・中継ぎ・抑えがかみ合い、チームが一丸となって白星を積み重ねてきた。鬼門といわれた交流戦も2位で終え、貯金を20の大台に乗せた。2位以下を引き離し、4年ぶりに球宴前の勝ち越しも決めている。16年ぶりのリーグ優勝に向け、1軍は快進撃を続けている。そんななか──。

6月18日の夜、都内のショッピングモール内にあるゲームセンターに阪神タイガース2軍に属する加治屋蓮、湯浅京己、尾仲祐哉、守屋功輝の4選手の姿があった。UFOキャッチャーでゲットした景品を見せながら大はしゃぎし、1時間ほどゲームセンターで遊ぶと、近くのホテルに入っていった。

加治屋といえば、ソフトバンクの2013年ドラフト1位で、2018年には72試合に登板して31ホールド、防御率3.38を記録したセットアッパー。昨年は1軍登板がわずか6試合で、ソフトバンクを戦力外となったが、阪神がその実績に期待して獲得。開幕1軍メンバーに名を連ね、開幕戦では4番手として登板して勝ち投手にもなっている。

湯浅は2018年のドラフト6位で、BC富山から入団した。今シーズンは交流戦で1軍登板を果たしている。尾仲は2016年のドラフト6位でDeNAから指名され、1年目から1軍のマウンドに上がっていたが、同年のオフにFAで移籍してきた大和(前田大和)の人的補償として阪神へ移籍。セットアッパーとして期待されている。守屋は2014年のドラフト4位で、矢野(燿大)2軍監督時代の秘蔵っ子といわれ、矢野阪神の1年目(2019年)には57試合に登板している。

現在4選手は、ウエスタンリーグの試合に出場するため、普段は名古屋以西で試合を行なっているが、6月19日と20日にジャイアンツ球場(神奈川・川崎市)でファーム交流戦(巨人対阪神)が予定されていたため、前日の18日に上京していたようだ。

翌19日の13時から行なわれる予定だったファーム交流戦が降雨中止となると同日20時頃、前夜と同じゲームセンターに加治屋、湯浅、尾仲、守屋の4人が姿を現わした。

「加治屋はひたすらUFOキャッチャーに熱中していました。湯浅、尾仲、守屋の3人はマリオカートで遊んでいた。守屋と尾仲が店内に響き渡るほどの大声で騒ぎ、その様子を湯浅がスマホの動画で撮っていました」(居合わせた客)

4人は1時間ほどゲームセンターで遊ぶと、ホテルに戻っていったという。

翌20日は12時30分からジャイアンツ球場で巨人戦が行なわれたが、この日の巨人のシート打撃には2年ぶりに巨人へ復帰した山口俊が99番のユニフォームで登場。順調な調整をアピールした。甲子園では、1軍の首位・阪神と2位・巨人の直接対決があり、両チームが2つの球場で注目された1日だった。

2軍戦の阪神は、外国人登録枠入りを目指すチェン・ウェインが先発したが10球で降板。2番手に登場したのが加治屋で、3回まで投げて被安打2、1失点の内容だった。3番手に登板した守屋は2者連続ホームランを浴び2失点。その後、阪神が同点に追いつき、同点で迎えた9回裏に8番手として登板したのが湯浅だったが、岸田行倫にサヨナラヒットを打たれて負け投手となった。阪神は4失点だったが、そのすべては加治屋、守屋、湯浅の“ゲーセン組”が失ったものだった。ゲームセンターで騒いでいる場合だったのだろうか。

「東京都では6月20日まで緊急事態宣言が継続されていた。NPB新型コロナウイルス感染予防ガイドラインでも遠征先での不要不急の外出は禁止されています。宿舎周辺での散歩やコンビニなどの買い物は認められているが、密になる可能性のあるゲームセンターは当てはまらないのでないか」(スポーツ紙デスク)

阪神球団に聞くと、「当球団では遠征地滞在中の不要・不急の外出と外食は禁止としており、ご指摘の行動は誠に遺憾であり、ゲームセンターへ赴いた4選手に対して既に厳重注意を行いました。当球団では現在も感染予防対策を行っておりますが、改めて対策の目的・内容について周知徹底を図り、感染予防と感染拡大防止につとめてまいります」(広報部)とのこと。

ただ、「2軍の選手に同情できる」という阪神OBの声もある。

「阪神の1軍は首位を独走中。好調なうえ選手層も厚いため、1、2軍の入れ替えがあまり行なわれていない。頑張っても上が詰まっている状態では、やる気を削がれる部分もあるだろう。1軍では先発がゲームを作り、岩貞祐太、岩崎優、ロベルト・スアレスの勝利の方程式へとつないでいく。藤浪晋太郎も割り込めないような状況ですからね。そうしたなかでも、2軍で投げている中堅投手たちは、上が不調になった時に備えて、とにかく2軍の試合で特出した結果を残し続けるしかないのだから、ストレスが溜まる部分もあるのではないか」

リーグ優勝に向かって快進撃を続ける阪神1軍。その影で2軍選手たちの苦しい状況があるようだ。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」