【トップ直撃】紙の地図からデジタルへ! スピード重視し社会の問題解決 マップル・黒田茂夫社長(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

トップ直撃

紙の地図からデジタルへ! スピード重視し社会の問題解決 マップル・黒田茂夫社長

スポンサー契約しているプロゴルファーの渡邉彩香選手(右)と マップルの黒田茂夫社長
スポンサー契約しているプロゴルファーの渡邉彩香選手(右)と マップルの黒田茂夫社長

紙の地図からデジタルへ-。変革の時代に一貫して「デジタル化」を軸に取り組んできた。現在も持ち株会社で東証1部上場の昭文社ホールディングスのトップと、傘下でデジタル事業を担うマップルのトップを兼務する力の入れようだ。マップルでは、データ提供からソリューションビジネス、さらには新分野へ、スピード感とチャレンジ精神で臨んでいる。 (中田達也)

--どのような事業を手がけていますか

「地図などのデジタルデータを制作・販売するB2B(企業間)のビジネスが中心です。コンビニ、ガソリンスタンドなどチェーン店の検索用の地図データや、カーナビや観光ガイド向けのデータベースなどを提供しています」

--地図データの特徴は

「地図は見やすく、ここはこんな街だなとイメージしやすいことですね。ネット上で地図を見る際に自分がどこにいるか分からないというのでは困ります。コンビニやガソリンスタンドなど分かりやすい目印を付けるだけでなく、一般の人が使えないような建物の名前を入れないなど情報を抜くことも大事です」

--データ提供からさらに進んだビジネスも

「これからは地図データを提供するだけでなく、いろんなシステムソリューションと組み合わせたり、付加価値をつけて提供していかないといけない時代です」

--具体的には

「観光分析やPR戦略を支援するトラベラーズマインドというツールを提供しています。昭文社の観光ガイドブック『まっぷるマガジン』ではまっぷるリンクという無料の電子書籍アプリが利用可能で、事前に登録しておけば、ガイドブックを旅行先に持っていく必要はありません。そこでスマートフォンのアプリ経由で、旅行者がどんなルートでどの店に立ち寄るかなど行動履歴が分かります。そうしたビッグデータを元に、自治体にここに施設を作ったほうがいいなどのアドバイスもできます」

--地図やガイドブックを手がけているからこそできる事業ですか

「観光だけに特化できるデータはほかにありません。まっぷるリンクは利便性が高く、多くの観光客に利用していただいていますが、それはまっぷるマガジンへの信頼があるからこそできることだと考えています」

--飲食店などの売り上げ予測事業も行っているそうですね

「既存店の売り上げデータや出店候補地の人通り、競合店の情報を元に、AI(人工知能)による予測を入れた売り上げ予測サービスを展開しています。誤差が7%と精度が高いので、チェーン展開している企業を中心に導入していただいています」

--安全・安心への取り組みも

「『おかえりQR』というサービスは、QRコードの付いたシールを高齢の方やお子さまの持ち物などに貼っておき、迷子になった際に見つけた人がQRコードを読み取って家族に位置情報を通知してくれる仕組みです。また、顔認証付きサーマルカメラ製品の販売も始めました」

--今後の経営の方向性について

「観光や移動に伴うビジネスをやっているなかで、環境にも目を向けていかなければと考えていて、カーボンニュートラル(脱炭素社会)に注目して新たなビジネスをやっていきたいと思います。たとえば配送や物流用の車両が今後EV(電気自動車)化していく際、ナビゲーションで最適なルートや充電のプランを示すことができるのではと考えています。観光活性化のために充電場所の設置や電池の供給もできるかもしれません。自治体さんに提供している防災マップにも電力の情報も含めてもいいかもしれませんね」

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声