あなたの検診結果の数値は大丈夫? 1、2カ月間の平均的血糖レベル指標「HbA1c」 受診控えで怖い「血糖負債」対策はカロリー調整や運動が有効 - イザ!

メインコンテンツ

あなたの検診結果の数値は大丈夫? 1、2カ月間の平均的血糖レベル指標「HbA1c」 受診控えで怖い「血糖負債」対策はカロリー調整や運動が有効

 生活習慣病の中で特に怖い糖尿病。そのリスクを軽減するには、健康診断や人間ドックでの数値管理が欠かせない。しかし、コロナ禍で受診控えが増加し、病状の進行に気づかず重症化するケースも増えているという。高血糖の状態が長期的に継続することを“血糖負債”といい、糖尿病などさまざまな健康障害をもたらす。その管理指標として重要視されているのは「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」だという。HbA1cはどのような数値なのだろうか。

 血糖レベルを測る指標として「空腹時血糖値」と「食後血糖値」はよく知られているが、共に短期の血糖指標で食事やストレスで変動しやすい。一方、「HbA1c」は、過去1、2カ月間の長期の平均的な血糖レベルがわかる指標のため、医学的にも重要視されているという。

 日本人間ドック学会によると糖尿病の判断基準として、HbA1c値が5・6~5・9が「軽度異常」、6・0~6・4が「要経過観察」とされる。この、HbA1c値を日頃から正常域に近づけておくことが重要であり、この値が高い状態が長期間続くことで血糖負債となり、身体をむしばんでいく。

 先ごろ行われた血糖負債に関するオンラインセミナーで順天堂大学大学院の綿田裕孝教授は、「HbA1c値が高い状態が長期間続き“血糖負債”が蓄積されることによって糖尿病はもちろん、がんや心筋梗塞、認知症なども引き起こします。健康診断などで定期的にHbA1cを測定して、自分の状態を把握しましょう」と、高血糖の継続が与える健康リスクに警鐘を鳴らし、HbA1cの値を注視するよう呼び掛けた。

 HbA1c値を上げず、血糖負債をためないようにするにはどのような対策が必要なのだろうか。

 前述のオンラインセミナー第2部では、ヘルステック企業・リンクアンドコミュニケーション、最高公衆衛生責任者の佐々木由樹氏が講演し、血糖負債対策について解説した。

 第1には食生活の見直し。具体的には「減量は食事量を減らすのではなく、カロリーを調整」「主食に未精製穀類を」「野菜・果物をあと1品」などを提案した。また、糖質の多いお菓子や間食をする習慣のある人は、タンパク質とミネラルが豊富なヨーグルトなどに置き換えをすることを勧めた。

 2つ目が運動だ。2時間座り続けたら、10分は身体を動かす、週2・5時間の運動を心掛けるなど、日常生活の中に運動を取り入れることが、続けられる秘訣(ひけつ)だという。

 佐々木氏は「管理栄養士が最も重視して確認している検査値はHbA1cです。一方で、(調査で)管理栄養士に『患者さんがHbA1cを理解していますか』と聞くと、言葉は知っているが意味を知らない、言葉も知らない人が9割を超えています。まずは(HbA1cという)言葉の意味を伝えるところから食事指導が始まるのかもしれないです」とHbA1cの認知拡大を訴えた。

 血糖負債によるリスクを避けるには「HbA1cの値を知る」ことが、始めの一歩。現状を知り、HbA1cを上昇させない生活習慣を作り上げよう。

zakzak


  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート