「熊田 おもちゃ」で検索する人が急増『ウーマナイザー』は予約殺到中 - イザ!

メインコンテンツ

「熊田 おもちゃ」で検索する人が急増『ウーマナイザー』は予約殺到中

ポストセブン
熊田曜子の騒動で注目のとある商品(時事通信フォト)
熊田曜子の騒動で注目のとある商品(時事通信フォト)

離婚騒動で世間を賑わせるタレント・熊田曜子(39)の報道が、“ある界隈”で話題になっている。夫のDVを訴える熊田に対して、夫は複数のメディアに熊田の不倫疑惑を暴露した。なかでも注目を集めたのは、『週刊文春』(6月17日号)が報じた〈熊田曜子夫が明かす“不貞の証拠”「ママバッグに大人のおもちゃが」〉だ。

今年4月、熊田が外出時に使っているバッグに「ウーマナイザー」という大人のおもちゃが入っているのを夫が発見。問い詰めると「ママ友から教えられて、自分で使っていた」と説明されたが、それに対して夫は“不倫相手の男性と使っていたのではないか”と疑っている──というのが記事の内容だ。

ひとりの時間に、ひっそりと自分を慰めるもの──そんなイメージは、すっかり過去のものになったのか。「最新アダルトグッズ」がクローズアップされたグラビアクイーンの離婚騒動に世間の反応は様々だが、“愛好家”からは共感の声が相次いだ。ある独身女性は、初めて耳にしたその商品をネットで購入した。あるママ友会では、皆がこぞってスマホで検索していたという。そして男たちの集まりでも、密かに沸騰している言葉がある。

「『ウーマナイザー』って何だ?」

一躍有名になった“大人のおもちゃ”を巡り、熱い議論が繰り広げられている。

◆予約殺到で欠品状態に

熊田について報じた『週刊文春』の記事には世の男女がザワついた。そもそも大人のおもちゃを持っているというだけで嫌悪感を抱くという声から、本当に持ち歩いていたなら誰とどんなふうに使っていたのかと興味を示す声まで、反応は様々だ。巷では共感の声も少なくない。

「熊田さんがウーマナイザーを持っていると聞いて、“さすがだな”と思いました。これまで女性向けの大人のおもちゃはいくつも話題になりましたが、ウーマナイザーはいま世界中の女性に最も支持されているグッズなんです」

そう語るのは、数百種類のアダルトグッズを試してきたという元セクシー女優の佐倉絆さんだ。佐倉さんは2014年にドイツで発売されたウーマナイザーをいち早く試し、その凄さを日本のAV業界に広めた。

「初めて使った時は本当に衝撃を受けました。通常のバイブレーターは振動機能が主ですが、ウーマナイザーは振動とともに、タッチが繊細なんです。種類も様々で、リップスティック型のかわいいフォルムのものや、防水機能がついてお風呂の中でも使えるもの、『ウーマナイザーデュオ』というハイエンドモデルもあります。これはもう、“瞬殺”されてしまいました」

大人のおもちゃ専門デパート「エムズ」の広報・真中つぐさんはこう語る。

「ドイツにあるウーマナイザーのメーカーは、日本で『熊田・おもちゃ』と検索した人が急増し、日本のAmazonサイトの売り上げが50%以上増加したことなどを受けて、日本の女性に向けてキャンペーンを今月開始しました。弊社でも長く売れ筋商品でしたが、予約が殺到して現在は欠品状態が続いています」

※週刊ポスト2021年7月2日号

関連記事
  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は