【テレビ用語の基礎知識】「韓国ドラマのお約束」 仕事中でも家に帰っても…なんでそんなに屋上が好きなの? - イザ!

メインコンテンツ

テレビ用語の基礎知識

「韓国ドラマのお約束」 仕事中でも家に帰っても…なんでそんなに屋上が好きなの?

 みなさん、韓国ドラマ見てますか? コロナ禍を機にネトフリとかでハマった人も多いと思います。僕も結構見てますよ。「日本のテレビがつまんないから」という理由もありますが、それはひとまず置いておくとして、今回は「韓国ドラマのお約束」について書きます。

 つい最近、仲良しの韓国ドラマ評論家の方と話をしていて盛り上がったのですが、韓国ドラマで悪い人たちが密談をするときはなぜか必ず日本食を食べています。だいたい刺し身ですね。あれなんなんでしょう? 評論家さんの推測では「韓国の日本食料理店には個室が多いからではないか」ということでしたが、なるほどですよね。

 他にも韓国ドラマをよく見る人なら、「あるある」とうなずいてくれそうな「お約束」は結構多くて、例えば…

 (1)車を運転するシーンと、走って道を横断するシーンが出てきたら、思わず「気をつけて」と口走る。なぜならめちゃめちゃ「交通事故で死ぬ」「重傷を負う」ことが多いから。

 (2)なぜかドラマにやたらとサンドイッチ店の「サブウェイ」が登場する。とにかくプロダクトプレイスメント(企業名をドラマに登場させる広告手法)がやたらと多くて、「またこのコーヒーショップか」「またこのインスタント麺食べてるよ」などと思うことはしばしば。

 (3)ドラマのロケ地が同じようなところばかり。あの踏切、あの豪邸、あの裏路地、あの坂道…、「そんなにソウルって小さい街でしたっけ?」と思うくらい同じ場所が出て

 (4)雪が降るシーンと雨が降るシーンがとにかく好き。雪は少し大げさにCG合成しすぎの場合が多い。雨のシーンは土砂降りなのにめちゃめちゃ空が明るくて「快晴の日に特殊効果さんが散水したにしても、もう少し頑張れ」と言いたくなることが多い。

 (5)なんでそんなに韓国人は屋上が好きなの? と言いたくなる。オフィスでも仕事中のはずなのにやたらとビルの屋上に行くし、家に帰ったら帰ったで、やたらと屋上に上がって街を見下ろす。そんでもってみんなやたらと小高い丘の上に住んでいるので夜景がキレイ。

 われわれテレビマン的には、最近の韓国ドラマは予算が潤沢なこともあってか完成度は異常に高くて非常に勉強になるんですよね。カメラや照明もすごいし、脚本も俳優の演技も驚きのハイクオリティー。ということで「見て盗めることは少しでも盗もう」と思ってハマってしまい、どんどん「あるある」も増えていく…というワケです、ハイ。

 ■鎮目博道(しずめ・ひろみち) テレビプロデューサー。上智大学文学部新聞学科非常勤講師。1992年テレビ朝日入社。スーパーJチャンネル、報道ステーションなどのプロデューサーを経て、ABEMAの立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などを企画・プロデュース。2019年8月に独立。近著に『アクセス、登録が劇的に増える! 「動画制作」プロの仕掛け52』(日本実業出版)。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」