陸連を悩ませる「3枠目の男」 男子100メートル、一発では決まらぬ複雑さ 陸上日本選手権 - イザ!

メインコンテンツ

陸連を悩ませる「3枠目の男」 男子100メートル、一発では決まらぬ複雑さ 陸上日本選手権

表彰台を逃した(左から)サニブラウン、桐生、小池
表彰台を逃した(左から)サニブラウン、桐生、小池

 東京五輪代表選考を兼ねた「陸上日本選手権」(大阪・ヤンマースタジアム長居)の男子100メートル決勝が25日に行われ、多田修平(25)=住友電工=が10秒15で初優勝した。

 「今まで以上に集中した。優勝できてホッとしています」

 自己記録9秒台を持つ選手が4人集まった、まれに見る厳しいレースのなかで一番に駆け抜けたのは自己記録10秒01の多田。この4年間を振り返り「苦しかった。日本選手権も5位(下位)ばっかり。やっと納得して復活した」。インタビューでは感極まり涙する一幕もあった。

 前日24日に25歳の誕生日を迎えたばかり。地元の大阪で自国開催の五輪出場を決め「最高のプレゼントになった」と頬を緩めた。

 先日、日本新記録の9秒95を記録した山県亮太(29)=セイコー=は10秒27で3位入着。2人は同種目での東京五輪出場内定となったが今後、日本陸連関係者が頭を悩ませるのは「3枠目」に誰を選ぶかだろう。

 10秒19で今大会2位のデーデー・ブルーノ(21)=東海大=は五輪参加標準記録(10秒05)に達していないため可能性は低い。一方、参加標準記録を突破している小池祐貴(26)=住友電工=は4位、桐生祥秀(25)=日本生命=は5位、前日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(22)=タンブルウィードTC=は6位に終わった。

 日本代表選考はワールドランキングも考慮されるなど、公平性を保つために複雑な条件となっている。順位ですんなり選ぶことができれば文句なしだったが、今回は一発勝負では決まらなかったため、どう決着をつけるかは見ものだ。本番まで1カ月を切り、来週には東京五輪陸上日本代表選手内定会見も予定される。残された時間は少ないなか、どんなデッドヒートの結末が待っているのだろうか。 (山戸英州)

zakzak


  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳