日本、台湾・ベトナムにコロナワクチン100万回分“追加提供” 台湾・蔡総統「日本の皆さんに再び感謝」 中国は途上国で影響力強化 - イザ!

メインコンテンツ

日本、台湾・ベトナムにコロナワクチン100万回分“追加提供” 台湾・蔡総統「日本の皆さんに再び感謝」 中国は途上国で影響力強化

蔡英文総統
蔡英文総統

 日本は来月早々、台湾とベトナムに、新型コロナウイルスワクチン約100万回分をそれぞれ追加で供与する。すでに提供を発表したインドネシア、マレーシア、タイ、フィリピンにも約100万回分ずつを送る方向。中国が見返りをチラつかせた「ワクチン外交」を展開するなか、日本は「自由で開かれたインド太平洋」の実現を目指していく。

 「台湾はまだワクチン不足が当面続くと承知している。(供与の時期は)7月の中旬前になると思う」

 茂木敏充外相は25日の記者会見でこう語った。提供するのは、日本国内で製造する英アストラゼネカ社のワクチン。

 台湾の蔡英文総統は同日、「日本政府と日本の皆さんに再び感謝申し上げる」「(日本や米国など)民主国家の友人からの時宜にかなった『民主ワクチン』の供与。民主主義は試練を克服できると、多くの台湾人は信じている」などとフェイスブックに書き込んだ。

 日本からはすでに124万回分が台湾に届けられ、接種が進んでいる。

 日本政府は今月2日、ワクチン約3000万回分を国際機関などを通じて各国に提供する考えを表明した。茂木氏はこのうち約1100万回分について、7月中旬以降、ワクチンを途上国に分配する国際的枠組み「コバックス」を通じて、東南アジアと南西アジア、太平洋島嶼(とうしょ)国などに供与することも明らかにした。

 これに対し、中国は自国製ワクチンを途上国に提供することで影響力強化を図っている。

zakzak

  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病