【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】ワクチン接種、先進国の中で後れを取る日本に嘆く声 「軽視したのは国策の間違い」「肝心なところに予算を使っていない」 - イザ!

メインコンテンツ

ギモン解消!!ワクチン接種Q&A

ワクチン接種、先進国の中で後れを取る日本に嘆く声 「軽視したのは国策の間違い」「肝心なところに予算を使っていない」

米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発したワクチンが日本に導入された(AP)
米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発したワクチンが日本に導入された(AP)

 新型コロナウイルスワクチンの接種が進むが、日本が先進国の中では後れをとったことを嘆く声も聞かれる。1回目の接種を終えた政治評論家の屋山太郎氏(89)に聞いた。

 コロナ禍では外食もままならず、生活の上でも不便な日々が続いた。

 「閉じ込められる(隔離される)と思うと、感染したくなかった。自分は怖くなくても、食事をしていて相手が口に運ぶときだけマスクをとると、自分も同じようにしないといけないじゃない。近所に住む孫にも会えていないので面白くない」と屋山氏は語る。

 屋山氏は先ごろ、1回目の接種を自治体の会場で受け、「妙に安心した」という。体調の変化もないという。

 いまだにワクチン反対論もあるが、屋山氏は「自分が打たないのはそれでいいと思うが、みんなに『打つな』というのは余計なことだ」と語気を強める。

 日本は今回、ファイザーなど欧米製のワクチンの供給を受ける立場で、国産ワクチンの開発が遅れていることも指摘されている。数十年にわたり日本の政治をウオッチしてきた屋山氏は、これほどの「失策」はこれまでにないと喝破した。

 「薬学に予算を注力してこなかった落ち度が出たと思った。研究の余地もない。肝心なところに予算を使っていないということに怒りもある。ワクチンを軽視したのは国策の間違いだ」

zakzak

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…