光浦靖子、来月から「キャナダ」に留学 1年かけ発音にも磨きを!? - イザ!

メインコンテンツ

光浦靖子、来月から「キャナダ」に留学 1年かけ発音にも磨きを!?

サンスポ
光浦靖子
光浦靖子

お笑いコンビ、オアシズの光浦靖子(50)が7月から1年間、カナダ・バンクーバーに語学留学することが24日、分かった。

光浦はレギュラー出演する文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・0)に生出演。「とりあえず来月留学することになりまして、いよいよ…。キャナダ(カナダ)!」と英語かぶれをマネた発音で報告した。

今後の芸能活動について、「辞めるわけでもなく」と継続を明言。留学前として同番組の出演はこの日が最後となったが、7月22日放送回のリモート出演が決まっている。相方の大久保佳代子(50)も留学を応援しており、現地到着後は14日間の自主隔離後にホームステイ生活に入る。

光浦は偏差値60以上の名門・東京外大でインドネシア語を学び、「高校時代から海外で生活してみたかった」と説明。2018年にレギュラー出演していたフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」が終了したのを機に、「独身で子供もいないし、親も元気。自分のために時間とお金を使えるラッキーな状況」と考えて留学を決断をした。

バンクーバーを選択したのはカナダの友人と同所を訪れたことなどが理由。当初は昨年留学予定だったが、コロナ禍で実現しなかった。その間、芸能活動と並行し、日本の語学学校で地道に英語を学んできたという。

今月11日に本人曰く、「更年期障害」でラジオ番組のゲスト出演を取りやめたが、現在は回復。共演の大竹まこと(72)から「留学遅くない?」と突っ込まれるも、「現地で知らないことを知れたら楽しいし、へこたれたら日本に戻ってくればいいし。どっちに転んでもこの勝負、得しかない」と超ポジティブ。アラフィフでの国境を越えた〝自分探し〟に声を弾ませていた。

光浦 靖子(みつうら・やすこ)

 1971(昭和46)年5月20日生まれ、50歳。愛知県出身。東京外大インドネシア語科卒。92年に幼なじみの大久保佳代子とオアシズを結成。94年のテレビ朝日系「GAHAHA王国」でコントを披露して注目を集める。トレードマークはメガネで、2006年に日本メガネベストドレッサー賞を受賞。女優としては17年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などに出演。特技は手芸。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも