「おいしいと思う」水ランキング 3位鳥取、2位熊本、1位は? - イザ!

メインコンテンツ

「おいしいと思う」水ランキング 3位鳥取、2位熊本、1位は?

ITメディア
水道水に関する調査(以下、リリースより)
水道水に関する調査(以下、リリースより)

デジタルマーケティングを手掛けるキュービック(東京都新宿区)が「水道水に対する意識調査」を発表した。調査によると、「住んでいる地域の水をおいしいと感じている」人が最も多いのは「富山県」だった。

「住んでいる地域は水がおいしいというイメージがあるか」を5点満点で尋ねたところ、1位は「富山県」で4.21点だった。次いで「熊本県」(4.19点)、「鳥取県」(4.00点)という結果になった。一方、46位の東京都と47位の沖縄県は2.4点台だった。

「水道水をそのまま飲むことに抵抗がない」という回答を都道府県別で順位付けしたところ、「岩手県」と「秋田県」が66.67%で同率1位だった。次いで「鳥取県」(65.67%)、「長野県」(65.22%)の順となった。下位層は46位が「福岡県」(27.59%)、最下位が「沖縄県」(27.14%)だった。

「水道水を飲み水としているか」を尋ねたところ、1位は77.11%で北海道。2位と3位には「長野県」(76.81%)と鳥取県(76.12%)がそれぞれランクインした。

上位には北海道、東北、中部地方の地域が目立ち、九州・四国地方や沖縄などが下位に集中している。最下位の沖縄は46位の兵庫県と20ポイントほど差が開いており、水道水に対して強い抵抗感を持っていることが分かる。

東京都は「水道水の味の満足度」(36位)、「水がおいしいというイメージがあるか」(46位)、「水道水をそのまま飲むことへの抵抗がない」(39位)といずれも低い順位となった。

しかし、「水道水の安全性の満足度」(18位)や「水道代の満足度」(2位)の項目は上位に食い込んでいる。また、「水道水を飲み水として利用している」割合は約62%と半数超えだ。おいしさは感じていないが、安全性の面から飲んでいる人が多いことが読み取れる。

調査は、4月15~25日にインターネットで実施。全国の18~90歳未満を対象とし、3497人から回答を得た。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」