「東京お台場 大江戸温泉物語」閉館にネット衝撃 「うそだろ…」「土地契約の問題か」「コミケ後にお世話なった」と悲しみの声

イザ!
東京・青海の「大江戸温泉物語」(鈴木健児撮影)
東京・青海の「大江戸温泉物語」(鈴木健児撮影)

全国で39の温泉旅館・温浴施設を運営する大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツは23日、公式ホームページで今年9月5日の営業をもって「東京お台場 大江戸温泉物語」(東京都江東区)の営業を終了し、閉館すると発表した。ツイッターでは「大江戸温泉物語」がトレンド入りする事態となり、ネットに衝撃が走った。

同施設は、江戸情緒のなかでゆったりと温泉を楽しめるテーマパークとして2003年3月に開業。年間約100万人が訪れる人気スポットとなった。

同社は「創業の地である『東京お台場 大江戸温泉物語』の営業を継続するための様々な方策を検討し、また模索してまいりました」としつつも、「契約締結当時の借地借家法では、契約の最長期間は20年で延長が認められておらず、誠に残念ながら再契約も叶わなかったため、建物を解体撤去し更地にしたうえで土地を返還する必要があることから、9月5日をもちまして、営業を終了させていただくこととなりました」と閉館が決まった理由を説明。閉館日までのイベントや販売済みの前売入場券などの取り扱いについては、後日ホームページで案内するとした。

この発表を受け、ツイッターには「大江戸温泉物語…良い場所だった…」「お台場大江戸温泉物語うそだろ…」「お台場の大江戸温泉物語なくなっちゃうのか…昔はコミケの時によく利用してたな、懐かしい」「お台場の大江戸温泉物語が閉館する…だと?」などの悲鳴が相次いだ。閉館の理由も「なんてこった しかもコロナとか関係ない土地契約の問題か」「コロナ負けしたのかと思ったら土地に関する問題だったのね…こればかりはどうにもならねぇわ…」などと悔やまれている。

閉館前に「お台場の大江戸温泉物語 行くプランを立てよう…」「もう一度行きたい」「いっぺん行ってみたかったから閉館する前に誰か行こう」といった声も散見された。ほかにも「大江戸温泉物語閉店か コミケ後にお世話なったお風呂でした」「まじか… 初回の銀魂コラボからお世話になっていた大江戸温泉物語が」「コミケだったりコラボで何度も行ったな…」などと思い出話が語られ、閉館が惜しまれている。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月3日OA第86話あらすじ 舞(福原遥)が同期の水島(佐野弘樹)&吉田(醍醐虎汰朗)と再会

  2. 「DAIGOも台所」娘の好きな“総菜”に視聴者ツッコミ!妻・北川景子にも「褒め上手」の声

  3. 木の実ナナは泣き崩れ…小川知子は「心臓がドキドキ」 芸能界から悲しみの声

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」