森保ジャパン「お願い」通りのメンバー招集、サッカー五輪代表18人発表 海外スター選手不在、1年延期で「金」獲得へ予期せぬ追い風(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

森保ジャパン「お願い」通りのメンバー招集、サッカー五輪代表18人発表 海外スター選手不在、1年延期で「金」獲得へ予期せぬ追い風

代表メンバー18人を発表した森保監督は自信満々だ((c)JFA)
代表メンバー18人を発表した森保監督は自信満々だ((c)JFA)

日本サッカー協会が22日、東京五輪男子代表メンバー18人を発表した。森保一監督(52)、反町康治技術委員長(57)は「目標は金メダル」と高らかに宣言。MF久保建英(20)=レアル・マドリード=ら海外組は史上最多の9人で、DF吉田麻也(32)=サンプドリア=を筆頭にしたオーバーエージ(OA)組も充実する。一方で、ライバル国はOA招集が難航し、開催中の欧州選手権で五輪どころではない国も。東京五輪が1年延期になったことで予期していなかった追い風が吹いている。 (編集委員・久保武司)

男子サッカーの五輪出場は1996年アトランタ大会から7大会連続だ。「あくまでも金メダル」を目標に掲げる森保ジャパンの充実した準備が進んでいる。

4年に1度のメンバー発表会見につきものの緊張感は全くなく、余裕の笑みも。森保監督は東京五輪の1年延期がなかったら「間違いなく今回とは違ったメンバーになっていました」と話した。

確かにその通りだ。昨年1月のAFCU-23(23歳以下)選手権(タイ)では1分2敗。予定通りに昨年7月に東京五輪が行われていたら「金メダルを取る」とは恥ずかしくて、とても言えない状況だった。

アジア相手に1勝もできなかったこのチームが、今年に入ってガラリと変わることができたのは東京五輪1年延期の効果に尽きる。ホームとはいえ、3月に南米の強豪アルゼンチン代表に3-0で完勝。久保らが海外のクラブで自信をつけた証しだった。

6月シリーズではOA枠(吉田、遠藤、酒井)を入れたフルメンバーで試合をできたが、これは過去にないこと。森保監督は「このメンバーがDFとMFに入ってゲームが安定した。想像していたことがピッチ内でしっかり表現できた」と手応えをつかみ、反町委員長も「われわれは(他国と比べて)1歩リードしている」と胸を張った。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳