米国務省、蘋果日報をめぐり中国・香港当局を批判「報道機関を恐るべき手段で恣意的に標的にしている」 - イザ!

メインコンテンツ

米国務省、蘋果日報をめぐり中国・香港当局を批判「報道機関を恐るべき手段で恣意的に標的にしている」

休刊に追い込まれる蘋果日報(ロイター)
休刊に追い込まれる蘋果日報(ロイター)

 米国務省は、中国に批判的な報道を続けてきた香港紙「蘋果日報(アップルデイリー)」への中国・香港当局の締め付けを、「報道の自由圧殺」などと強い異議を発した。同紙は23日にも事業停止に追い込まれる可能性があるという。中国共産党政権による強権発動や軍事的覇権拡大に対峙(たいじ)するため、海上自衛隊とドイツ海軍は、インド太平洋地域で共同訓練を調整している。

 「(香港国家安全維持法が)選別的かつ政治的動機に基づいて運用されている」「報道機関を恐るべき手段で恣意(しい)的に標的にしている」「報道の自由を圧殺すれば香港の成長力を損ねる」

 米国務省のネッド・プライス報道官は21日、蘋果日報への中国・香港当局の対応をこう批判した。

 同紙は、香港当局による資産凍結で資金繰りが悪化している。同社は25日に発行停止の是非を決める予定だが、多くの社員が辞職して事業運営に影響が出ており、香港メディアは「23日にも事業停止か」と報じている。

 米国の批判に対し、中国外務省の趙立堅報道官は22日、香港当局の対応を「断固支持する」と表明し、米国を「内政干渉」と非難した。

 中国の強権発動や軍事的覇権拡大に対する、民主主義国家の結束も強まっている。

 岸信夫防衛相は22日、ドイツのアンネグレート・クランプカレンバウアー国防相とテレビ会議方式で会談し、ドイツ海軍が計画するインド太平洋地域への艦艇派遣をめぐり、海上自衛隊との共同訓練に向けた調整を進めることで一致した。

zakzak

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…