元ザブングル松尾陽介さん、会社を設立 「いい第2の人生」とエール殺到も「年末はアメトーク出演よろしく」 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

元ザブングル松尾陽介さん、会社を設立 「いい第2の人生」とエール殺到も「年末はアメトーク出演よろしく」

株式会社OMATSURIを設立し、代表取締役社長に就任した松尾陽介さん(左)
株式会社OMATSURIを設立し、代表取締役社長に就任した松尾陽介さん(左)

お笑いコンビ、ザブングルとして活動し、今年3月末で芸能界を引退した松尾陽介さんが株式会社OMATSURIを設立し、同社の代表取締役に就任したことが22日、発表された。コンビ解散と芸能界引退には衝撃が走ったが、新たな門出にエールが送られている。

同社は「企業のマーケティング支援」「国内外における人材や案件の仲介」「お笑い芸人のセカンドキャリア創出支援」の3つの軸でサービスを展開する。

松尾さんは、芸人として活動して培ったさまざまな経験や人との繋がりを、これまで以上に生かせる方法がないかと考え、引退を決意。これまでのキャリアを生かしたうえで「起業家として、社会に貢献出来るサービスを世に送り出す」をモットーに同社を運営していくという。

松尾さんは「今後は、普段から仲良くしている藤本と共にやっていくこととなりました。僕の死ぬほど弱い部分『IT』の分野を助けて貰うことで、より僕の強い部分を際立たせていく為、協力してくれる仲間です」とコメントし、昔から親交があったITコンサルティングなどを手掛けるVALUE ARCHITECTS創業者の藤本隆太郎さんと新たな一歩を踏み出したことを報告。「とにかくやれることを全力でやっていき、後々は芸人のセカンドキャリアを応援出来るようなサービスもやっていきたいと考えています。変わりつつある時代に乗り遅れないよう、最前線で戦っていきます!」と未来を思い描き、意気込みを述べた。

芸人時代は2007年のM-1グランプリにおいてファイナリストになるなどの活躍を見せ、テレビ朝日系「アメトーーク!」の人気企画「運動神経悪い芸人」では一生懸命な姿から「ガチ王」と呼ばれ、主要メンバーとしてお茶の間に笑いを届けてきた。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも