東京五輪に翻弄された椎名林檎「肩、二の腕、生足」魅せる服で吹っ切れた! - イザ!

メインコンテンツ

東京五輪に翻弄された椎名林檎「肩、二の腕、生足」魅せる服で吹っ切れた!

ポストセブン
抜群の存在感を放つ椎名林檎のファッション
抜群の存在感を放つ椎名林檎のファッション

まるで民族衣装のような、右肩と腕を露わにしたきらびやかな服装で現れたのは歌手の椎名林檎。42才になっても抜群のスタイルは健在。髪型もばっちり決めて、たとえラジオ番組の仕事でもアーティストイメージを壊さない姿でこなすあたりは、さすがである。

あるレコード会社関係者は「昨年に8年ぶりに“再生”(再結成)したバンド『東京事変』で精力的に活動中。6月9日に10年ぶりのフルアルバムをリリースして、かつてないほどのプロモーション活動をしている最中です」と話す。

音楽の専門的知識を掘り下げるバラエティー番組「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系、日曜午後11時)にも13日と20日と2週連続で出演。「変ジャム 森羅万SHOW」と番組名まで変えての大特集という、特別扱いだった。

「椎名さんら東京事変のメンバーは、本人のそっくりさんという設定で出演し、これまためったにテレビ出演をしない『King Gnu』のギター・ボーカル常田大希さん(29才)とドラマー勢喜遊(28才)までが、彼女たちのファンとして出演。SNS上では視聴者たちから『関ジャムの神回!』と絶賛されました」(前出・レコード会社関係者)。

椎名の元に才能豊かなミュージシャンが集った東京事変は、令和のJ-POPシーンの最前線で活躍する若手ミュージシャンたちにも憧れられる存在。同番組では、常田に「曲の展開もサウンドも、かなりプログレッシブなことを、メインストリームでこれだけの規模で鳴らせているバンドはほかにいないんじゃないか」と尊敬を口にされると、椎名は照れながら感激した。

改めて、そのオンリーワンな存在感を示し始めている椎名。ある情報番組のディレクターは「1年前のつまずきを考えたら、よく持ち直しました」と振り返る。

新型コロナウイルス感染が広がり始めた昨年2月29日。ほかのアーティストたちが自粛する中で、8年前のバンド解散日だった閏日からの再始動という意味もあり、ツアー初日を決行、翌3月1日にもライブを行った。しかし、2月中旬に大阪のライブハウスでクラスターが発生しており、感染がますます拡大する中でのライブ開催に、バッシングの声が高まり、その後の全国ツアーは中止することになった。

さらに椎名は、東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出チームの一員だったが、こちらも昨年12月にゴタゴタが表面化して、演出陣が解散。「椎名さんには何の非もないまま、コロナで余計な批判や迷惑を被ってしまった。2020年は気の毒な年でもありました」(前出・情報番組ディレクター)。

椎名は、6月10に配信された「FIGARO」のインタビューで、そんな鬱屈した思いも露わになった新作アルバムだと認めた上で、コロナに対しては「チキショー」と言い、「サンドバッグも経験しましたし」とバッシングも笑いながら振り返った。

昨年大みそかのNHK紅白歌合戦出場あたりから、若い世代の音楽ファンたちにも再注目を浴び始めている東京事変。今後も各方面からのオファーは続きそうだ。

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人