巨人“佐藤輝封じ”が逆転Vへのカギ 球宴ファン投票1位 - イザ!

メインコンテンツ

巨人“佐藤輝封じ”が逆転Vへのカギ 球宴ファン投票1位

佐藤輝が近大の先輩・畠の外角低め152キロを逆方向に打ち返すと、脅威の弾道は甲子園の左翼席へ飛び込んだ=20日
佐藤輝が近大の先輩・畠の外角低め152キロを逆方向に打ち返すと、脅威の弾道は甲子園の左翼席へ飛び込んだ=20日

 マイナビオールスターゲーム2021(第1戦=7月16日・メットライフドーム、第2戦=同17日・楽天生命パーク宮城)のファン投票は21日、28日に結果発表を控えて中間発表の最終回が行われ、阪神がペナントレースの勢いのまま12球団最多6部門をジャック。ドラフト1位新人の佐藤輝明内野手(22)が、外野手部門で37万6962票を集め、両リーグ最多となった。

 もはや球団の枠を超えた注目株だ。阪神を追撃したい巨人関係者は「佐藤輝が打つとファンが敵味方関係なく盛り上がるし、チームも勢いづく。もうルーキーだから、なんて言っていられない。試合を決める力を持っている」と、キーマンに指定して警戒を強める。

 開幕当初は一発こそ出るものの粗さが目立ったが、5月以降に打率を上昇させ、もっか・283と確実性も身につけつつある。巨人も20日までの3連戦で12打数5安打と勢いを止められず、3戦目には2戦連発の18号ソロを献上してしまった。

 ここまで巨人戦46打数15安打(対戦打率・326)のうち、長打7本は全球団で最多だ。前出関係者は「阪神戦が残り13試合だから、あと50打席は対戦するとして、いかに抑えるかを考えないと」と焦りがありあり。怪物ルーキーの進撃を止めずして、逆転Vへの視界は開けてこない。 (片岡将)

zakzak


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係