【ABS流 令和NEWバブルのすすめ】自主的に集まり情報発信する“60代の部活” ネット回線事業会社がシニア応援サイト - イザ!

メインコンテンツ

ABS流 令和NEWバブルのすすめ

自主的に集まり情報発信する“60代の部活” ネット回線事業会社がシニア応援サイト

クラブジャイブのイラストは、本欄執筆者の一人、サトウリッチマン氏が描きました
クラブジャイブのイラストは、本欄執筆者の一人、サトウリッチマン氏が描きました

私(鈴木)は当欄の前身のコラムで、ABS世代を中心とした大人(シニア)たちの「コミュニティ」の重要性を提唱していました。学生時代のクラブ活動のように、同じ興味や関心を持つ人たちがインターネットやリアルでつながり、情報や意見を交換し、その中から自分らしさを発見していくという「場」です。

ABS世代の先頭を走る人たちが昨年から65歳の前期高齢者となった今、そのコミュニティはいよいよ現実のものとなろうとしています。

「コミュファ光」の名称で、中部5県(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)でインターネット回線事業を行う「中部テレコミュニケーション」は先月19日、シニアの有意義なセカンドライフを応援するウェブサイト「Club JiVE(クラブジャイブ)」(https://join.commufa.jp/clubjive/)をスタートしました。

ジャイブとは、Just(ちょうど)、Ideal(理想的で)、Various(多様な)、Education(学園)の頭文字を取ったもので、「ワクワクがとまらない大人のサークル活動」がコンセプトです。

サイト開設の理由をプロジェクトリーダーである同社の加藤智久さんは次のように話しています。

「今の60代は、若いころのカルチャーやバブル期の影響もあり、好奇心旺盛で活力ある若々しい人が多い。従来のシニアとは違い、インターネットやスマートフォンを普通に使い、SNSの発信力がある人もいます。そのような人たちが学生時代の部活のように自主的に集まれる環境を提供することで、弊社のインターネット事業に付加価値を持たせたいと考えました」

加藤さんの言うとおり、2021年1月時点でスマホの普及率は60代が80%(18年は52%)、70代が62%(同26%)です(モバイル社会研究所調べ)。スマホは近年、シニア層に急速に普及しているのです。

同サイトではまず、「IT」「体操」「農業」「資産管理」の4つのテーマを設け、動画配信とオンラインセミナーを始めました。今後はコミュニティ機能を追加し、「顧客自らの提案」を採用。今までのシニアマーケティングでは考えられなかったユニークなテーマを追加していくとのことです。

コロナ後にはリアルな催しも予定しており、60歳を過ぎた真の大人=真成人(しんせいじん)のコミュニティを活性化していくことを目指しています。

Club JiVEの大人のサークル活動では、参加ユーザーが特定のテーマに関する情報を自ら発信し、そこから口コミやコミュニティが形成されそうです。それをメディアがさらに拡散させれば、人生100年時代のユニークなライフスタイルやワークスタイルが生まれるかもしれません。

インターネット回線の事業会社は、速度や安さで契約者の獲得を進めてきましたが、今後は同社のように契約者同士のつながりという付加価値も重要になりそうです。Club JiVEからどんなライフスタイルが提案されるのか、今後が楽しみです。

 ■ABS世代 昭和30(1955)年から43(68)年生まれの、若者時代にバブルを謳歌した世代。

 ■鈴木準 1960年生まれ。ジェイ・ビーム代表。INNOVEX LLC.代表。一般社団法人日本元気シニア総研執行役。マーケティングプランナー。USCジェロントロジスト。感性を生かしたマーケティングを得意とする。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳