【巨人の事件簿】「不滅のV9」強さの秘密 強力打線に機動力、豊富な投手陣に細かい守備体系、首脳陣の徹底した管理…チームに全くスキなし - イザ!

メインコンテンツ

巨人の事件簿

「不滅のV9」強さの秘密 強力打線に機動力、豊富な投手陣に細かい守備体系、首脳陣の徹底した管理…チームに全くスキなし

 1965年から73年まで巨人はリーグ優勝し日本シリーズもすべて勝って9連覇を達成した。これを不滅のV9という。なぜそれほど強かったのか。当時はまだドラフト制度はなく、選手の獲得は自由競争だった。打線の中心である長嶋茂雄、王貞治はじめ柴田勲、末次利光らレギュラーの大半が自由に獲得できた選手だった。今では考えられないが、欲しい選手を自由に獲得できるのだから補強は楽だ。巨人は老舗のブランド力と資金力で、いい選手を次々と集めた。

 ドラフト制度が始まったのはV9初年度の65年から。その制度で入団してきたのは堀内恒夫、高田繁あたりでV9メンバーのほとんどはドラフト制度前の自由競争で得た選手だったのだ。

 とくに、王、長嶋のいわゆるONコンビの活躍は際立っており、両雄の打撃成績がそのままチームの成績に反映したともいえる。

 V9期間中の本塁打王は王がすべて獲得、打点王はON2人で独占。首位打者も9年間で6回も2人が獲得している。つまり毎年、打撃タイトルのほとんどをONで占めていたのだからチームは強い。当時の2番打者・高田はいう。

 「自分の役割がはっきりしていて楽でした。1番打者の柴田さんが出塁したらバント、あるいは走者を進める打撃を。柴田さんが凡退したときは何とか出塁してONにつなげばいいんですから…」

 とにかく得点圏に走者がいる状態に持ち込めば、ONがなんとかしてくれるというわけだ。

 この柴田、高田の1、2番コンビは足も速く、V9期間中2人で5度盗塁王のタイトルに輝き機動力にも富んでいた。

 また川上哲治監督、牧野茂ヘッドコーチは徹底した管理野球で選手を操縦。バント失敗とか走者を送れなかったときなどには厳しく罰金を徴収した。

 さらに、ドジャース戦法なる細かい野球をいち早く取り入れた。

 例えば、二塁走者の牽制(けんせい)は捕手からのサインで二塁手、あるいは遊撃手がベースに入り、数秒後に投手が振り返って二塁に投げて走者を刺したり、バントシフトなど細かい組織的な守備体系など近代野球の基礎を確立した。

 投手陣も先発の堀内、高橋一三、城之内邦雄、さらに65年、国鉄スワローズから大投手の金田正一を獲得、豊富な先発陣に加え、今では当たり前になっている抑え投手制を初めて採用、宮田征典がその役を担い、終盤になると決まって登板することから“8時半の男”と呼ばれた。

 強力打線に機動力、豊富な投手陣に細かい守備体系。加えて首脳陣の徹底したチーム管理と全くスキがなく、12球団でも無敵の強さで連覇を続けた。

 V9戦士たちは口をそろえていう。

 「特にV4、V5あたりの時は負ける気がせず、前半にリードされていてもみんな後半に逆転できると思っており、実際その通りになることが多かったですね」

 それはテレビ視聴率にもあらわれ、前半に巨人がリードしていると「ああ、もう勝ちだ」と画面から離れてしまう人が多く、逆にリードされていると「これからどう逆転するのだろう」との興味から視聴率はアップしたという。

 ただ、V9最後の73年は首の皮一枚の優勝だった。阪神がマジック1で臨んだナゴヤ球場での中日戦でエース江夏豊を先発させながらよもやの敗戦。

 そのナゴヤ球場を横目で見ながら0・5差で首位に立った巨人ナインは新幹線で最終戦の阪神戦のために大阪に向かっていた。そして、勝ったほうが優勝の大一番で巨人が大勝し9連覇を達成したのである。

 このあたりから巨人の戦力に陰りが見え始め、逆に他球団は定着したドラフト制で戦力が均等化。

 V9期間中、唯一の失敗は育成より、チームの穴を他球団の主力獲得で埋める方針をとったため、チームが次第に老齢化し、V10はならなかった。(スポーツジャーナリスト・柏英樹)=次回は6月30日

zakzak

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は