大谷翔平、6戦6発、メジャートップに並ぶ23号にネット興奮「無双状態」「松井超えるかもなこりゃ」 - イザ!

メインコンテンツ

大谷翔平、6戦6発、メジャートップに並ぶ23号にネット興奮「無双状態」「松井超えるかもなこりゃ」

エンゼルス・大谷
エンゼルス・大谷

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(26)が21日(日本時間)、タイガース戦(アナハイム)に2番・DHで先発出場し、第3打席に3試合連続の23号本塁打放った。この一発で大谷はリーグの本塁打数争いでトップに並び、自身のシーズン最多本塁打数も更新。その活躍ぶりにSNSには称賛の声が殺到している。

2点を追う1―3で迎えた五回、1死二塁の場面で打席に立った大谷は、タイガースの右腕マイズが投じた低めの変化球を捉え、中堅フェンスを越える同点2ランを放った。一塁を回った大谷からはガッツポーズも飛び出した。

SNSには「どうなってんのほんとに」「ヤバイよ大谷さん!」「ホームラン王にまた並んだ!化け物すぎる!」「日本人がMLBでホームラン王争いをするなんて凄い世の中になったもんだ」などのコメントが殺到。その打棒に驚く人が続出した。これで直近6戦で6発という好調ぶりで、大リーグ公式サイトも「毎日、ホームランダービーのようだ」と絶賛。多くの野球ファンも興奮気味に「大谷くんはどうやら無双状態に入った模様」「大谷ってもしかして(球宴の)ホームランダービー始まったと思ってる?」「23号めっちゃ低い球打ってて笑う」「なんであのコース(低めの変化球)をセンター方向HRにできるんだよw」「本塁打→本塁打→投手3勝目→2本塁打→本塁打→本塁打」「マジで野球界の伝説になる」などとツイートしている。

なかには「もう国民栄誉賞あげていいんじゃない?」とつぶやく気の早いネットユーザーも。また、今後の活躍に期待を寄せるファンからは、「23号トップタイもすごいけど打点も54で、トップ(59)を狙える位置。HRと打点の2冠の夢が広がる」「松井秀喜の2004年ヤンキース31本を超えるかもなこりゃ」といった投稿も寄せられた。



  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人