日本ハム・姫野、外野手→投手へ 異例の登録変更にファン「初めて見た」「遠山さんは再々転向で…」  - イザ!

メインコンテンツ

日本ハム・姫野、外野手→投手へ 異例の登録変更にファン「初めて見た」「遠山さんは再々転向で…」 

日本ハム・姫野優也
日本ハム・姫野優也

プロ野球・日本ハムの姫野優也選手の登録が外野手から投手に変更されことを受け、21日、SNSに野球ファンからのコメントが相次いだ。

球団HPが同日、更新され、「姫野選手の守備位置登録変更について」というタイトルでニュースを掲載。そこで「姫野優也選手の守備位置登録を下記の通り変更いたしましたので、お知らせいたします。【変更前】外野手 【変更後】投手」と報告した。姫野は2016年にドラフト8位で大阪偕星学園高から入団。1軍での出場は18年の2試合のみで昨季終了後に自由契約となり、育成選手として再契約した。

サンケイスポーツ(電子版)によると、栗山監督は投手転向について5月の時点で「この話は(プロに)入って来た時からあった。球の強さがあるので、どんな投手になるか楽しみ」と話していた。

もともとは投手として入団し、その後、野手にコンバートされた例は多いが、このパターンは極めて異例。SNSには「逆ならまだしもこれはスゴイ」「野手→投手の登録変更って初めて見た」などの声が集まった。心機一転の活躍を期待するファンからは「野手転向は聞いたことあるけど投手転向はあんまり聞いたことない…姫野さん頑張ってくれぇぇぇ」「姫野くん頑張って!札幌ドームで投げてるのみたいよ~」「投手になったからには以前日本ハムで活躍してたダルビッシュ有みたいな活躍を待ってます」といった声援も届いた。

一方、この発表を受け、過去のコンバート例を思い出したプロ野球ファンもおり、ツイッターには「(阪神の)遠山投手って野手転向後に投手再転向してゴジラキラーをやってたのね…」「投手→野手の転向は(横浜の)畠山選手や(ロッテの)愛甲選手等の成功例はあるが、果たして逆はどうか?と言う気が。遠山さんは再々転向で頑張ったかな?とにかく頑張れ姫野選手!」といった書き込みも見受けられた。


  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」