雇用不安に備える女性 学び直しでスキルを複線化

産経ニュース

とりわけ女性に雇用不安を招いたとされるコロナ不況。今月公表された令和3年版男女共同参画白書は「女性不況」との言葉も用いて、女性へのしわ寄せの深刻さを指摘した。一方で、雇用の不安に直面した女性たちが、新たな職につながるスキル(技能)を得ようと、学び直しへの関心を高めている。都内のWebデザインスクールでは、元飲食店員など、これまであまり見られなかった職種からの受講も見られるという。スキルと収入源を複線化することで、危機に備えたいとの心理が働いているようだ。(津川綾子)

「育児に専念した期間を終え復帰しようとしたとたんに、仕事が白紙になってしまった」

昨年4月の出来事をこう振り返って話すのは、都内在住のフリーランスの映像編集者、坂田祥子さん(41)=仮名=だ。子供(当時4カ月)の保育園入園と同時に映像編集会社で午前10時から午後4時まで働く予定だったが、コロナ禍で撮影が中止や延期となったため、仕事が立ち消えに。幸い、個人事業者向けの持続化給付金は受け取れたが、描いた仕事の計画が水の泡となった。

思いもよらない事態だったが、「複数のスキルがあれば潰しがきくはず」と思い直し、仕事のない8月の1カ月間、Webデザインの授業をオンラインで受講することに。子育て中の女性にWebデザインや動画作成を教える「Famm(ファム) ママ専用Webデザイナー養成講座」で学んだ。

コロナ禍で受講層変化

「コロナ禍を境に、以前は事務職が多かったが、飲食業やアパレル業などに勤める女性の受講が増えている」と話すのは、同講座の運営会社タイマーズ(東京)の執行役員、栗城良規さんだ。コロナ禍で打撃を受けた業界の人が目立つようになった、という。

実際にコロナ失業後、Webデザインの仕事を得た元受講生もいた。都内在住の佐久間直未さん(34)は昨年4月にコロナ禍のあおりで失業したが、過去に受講して得たWebデザインのスキルを生かし、今はユーチューブ動画のタイトル画面作成の仕事を得ている。「育休中に苦手を克服したいとの思いで学んだことが思わぬ形で役立った」と話す。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故