竹下景子の長男・関口まなとが「総理の夫」の同僚

サンスポ
鳥の生態を取り入れた演技も披露しているまなとは「両親も公開を楽しみにしています」と充実の表情=東京・大手町(撮影・田村亮介)
鳥の生態を取り入れた演技も披露しているまなとは「両親も公開を楽しみにしています」と充実の表情=東京・大手町(撮影・田村亮介)
劇中では鳥類学者を熱演©2021「総理の夫」製作委員会
劇中では鳥類学者を熱演©2021「総理の夫」製作委員会

女優、竹下景子(67)と写真家の関口照生氏(82)の長男で俳優、関口まなと(35)が9月23日公開の映画「総理の夫」(河合勇人監督)に出演することが20日、分かった。

作家、原田マハの同名小説の映画化で、中谷美紀(45)演じる史上初の女性総理になった妻と田中圭(36)扮する〝ファースト・ジェントルマン〟として担ぎ出された年下夫の激動の日々をコミカルに描く。

◆9・23公開、中谷美紀&田中圭W主演映画

総理の夫の同僚である鳥類学者役で登場するまなとは「幼い頃から動物が好きで鳥の絵ばかり書いていた。学者になりたいと思った時期も」とハマり役をアピール。同世代の田中との共演に「引っ張ってもらいました」と感謝した。

名女優の母と同じ道を進んだ息子は、高校進学のため15歳で単身渡英し、英ロンドン大で心理学を学ぶ一方、演劇のワークショップに参加。大学卒業後に進んだ英演劇学校在学中に米映画「47RONIN」のオーディションで、真田広之(60)演じる大石内蔵助の青年期役に選ばれ、13年間海外で活動してきた。帰国後の2018年に「渡る世間は鬼ばかり」でテレビデビューし、映画や舞台などさまざまなジャンルで地道にキャリアを積んできた。

俳優業の大変さを知る竹下は当初、わが子の芸能界入りを反対。まなとは「よほどのことがないと芝居の相談しない」と前置きしつつ、「母は場合によって『大丈夫なの?』と言ってくるんですが、今回は何もなかった。いい兆候だと思う」と照れ笑い。「総理-」では豪華俳優陣に囲まれたが、「緊張感があっていい撮影ができました」と母譲りの度胸のよさを見せている。(栗原智恵子)

関口 まなと(せきぐち・まなと)

 1986(昭和61)年3月20日生まれ、35歳。東京都出身。英ロンドン大心理学科卒。殺陣、乗馬、スキー、三味線など多彩な趣味を持つ。弟の関口アナン(32)も俳優として活躍中。178センチ。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. あすの「カムカムエヴリバディ」1月19日第55話あらすじ ジョーからの提案を竹村夫妻に話せず悩むるい

  3. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  4. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者