韓国大統領選、候補者“乱立” 文在寅氏側近VS「反権力」前検事総長 室谷氏「左翼も有力に…一時の風で流れ変わる」 - イザ!

メインコンテンツ

韓国大統領選、候補者“乱立” 文在寅氏側近VS「反権力」前検事総長 室谷氏「左翼も有力に…一時の風で流れ変わる」

秋美愛氏(共同)
秋美愛氏(共同)

 韓国で来年3月に投開票される、大統領選の候補者が続々と名乗りを上げている。与党「共に民主党」では、秋美愛(チュ・ミエ)前法相が20日、出馬する意向を明らかにした。対立する保守派では、検察改革をめぐって秋氏と対立した尹錫悦(ユン・ソンヨル)前検事総長が有力視されている。韓国では、歴代大統領が退任後、悲惨な末路をたどるケースが多いだけに、選挙戦も過激になりそうだ。

 秋氏は、与党主流派で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に近い「親文派」という。2016~18年には党代表も務めた。一方、手法が「強引だ」との批判があるうえ、法相時代、兵役中の息子の休暇に絡み、特別待遇を受けたとされる疑惑が取り沙汰された。国民の支持を得られるかは不透明とされている。

 同党からは、丁世均(チョン・セギュン)前首相が17日に出馬の意向を表明した。李洛淵(イ・ナギョン)元首相も出馬準備を進めている。丁、李両氏は、東京五輪・パラリンピック組織委員会がホームページの日本地図に島根県・竹島が表示されているとして、「五輪ボイコット」を主張して注目された。

 一方、保守派では、「反政権」の象徴として高い人気を誇る尹前検事総長への待望論が強い。聯合ニュースによると、早ければ27日にも出馬表明する可能性がある。保守系最大野党「国民の力」に入党するかは出馬表明後に判断するとしている。

 尹氏は検事総長時代、与党関係者をめぐる疑惑にも切り込み、検察改革では法相だった秋氏と対立した。尹氏が大統領になれば、文政権の疑惑追及にも着手するとみられる。これを恐れたのか、文政権が立ち上げた高位公職者犯罪捜査処は、在職中の職権乱用などの疑いで捜査をしている。

 このほか、最大野党「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)国会議員が出馬の意向を示している。

 韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「かつての盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領も当初は泡まつ候補といわれていた。丁氏や秋氏のような左翼も『風次第』で有力になる可能性もある。韓国は世論調査にかかわらず、一時の風で流れが変わることも多い。いずれにしても闇の状態だ」と語っている。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート