【トップ直撃】「人財」と「デジタル」の二刀流! 女性を積極的に採用 コクー・入江雄介社長(1/4ページ) - イザ!

メインコンテンツ

トップ直撃

「人財」と「デジタル」の二刀流! 女性を積極的に採用 コクー・入江雄介社長

コクーの入江雄介社長
コクーの入江雄介社長

 ITを軸に、「人財」と「デジタル」の二刀流を掲げるユニークなビジネスモデルだ。人材事業では女性を積極的に正社員として雇用し、実践的なテクノロジー教育でキャリアアップに貢献する。デジタルではコンピューターの作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)サービスを完全無料で投入、安定成長と革新の両立を図る。(中田達也)

 --RPAではどんなことができますか

 「パソコンの作業自体を覚えさせて自動化するというソフトウエアです。データを入力したり、ウエブにアクセスして情報収集したり、会社のシステムにログインしてデータをエクセルに転記したりといった基本的な業務を自動化することが多いですね」

 --自動化が進むと人間が仕事を奪われませんか

 「馬車から自動車が主流になったときも同じようなことが言われましたが、実際には自動車業界が伸びると新しい需要が生まれました。定型業務が自動化されても、人間にしかできないアイデアや新しい仕事が生まれてくると考えています」

 --コクーのRPA「マクロマン(MACROMAN)」の特徴は

 「製品価格が無料という点ですね。完全に無料でやっているのはわれわれだけだと思います」

 --なぜ無料にできるのですか

 「社内にITエンジニアがたくさんいて、RPAを自社のリソースで内製できるということがあります。ツールを完全無料にして、ITリテラシーが高くバックオフィス業務のことも分かっている女性社員を派遣してサポート業務でお金をいただくというモデルです。自社で開発していることと、現場感の分かる女性社員がいることで、ユーザーの声を短期間で反映することができる仕組みは模倣が難しく、中長期的に大きな差になっていくと思っています」

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係