【有本香の以読制毒】誰が「対中非難決議」を潰したか? 全野党は承認も自民党内に「あんまり興味ないんだ」と言い放つ人物 - イザ!

メインコンテンツ

有本香の以読制毒

誰が「対中非難決議」を潰したか? 全野党は承認も自民党内に「あんまり興味ないんだ」と言い放つ人物

自民党の二階幹事長(左)と、林幹事長代理
自民党の二階幹事長(左)と、林幹事長代理

 通常国会閉会の日に当たる16日の朝、私は、8年半前の2012年冬、ドイツ・ミュンヘンを訪れたときのことを思い出していた。

 旅の目的は、当地に住む亡命ウイグル人を取材することだった。ミュンヘンには、世界最大のウイグル人コミュニティーがあり、当時、この街の周辺だけで約500世帯、1500人ものウイグル人が住んでいた。皆、中国当局による人権侵害から逃れるため、故郷を離れた人たちだ。その惨状を国際社会に訴える活動をする「世界ウイグル会議」の本部もここにある。

 同会議の総裁、ドルクン・エイサ氏は筆者の友人だ。そのドルクン氏のもとを私が訪ねた期間、フランスから初老のウイグル男性が一人訪ねてきていた。

 その人は、私を紹介されると、開口一番、東日本大震災の見舞いを言い、「震災の報道を見ていてもたってもいられず、住まいから100キロ離れたパリの日本大使館へ行って、少額だが寄付をした」と言った。彼は息子3人を、09年のウルムチ事件で中国当局に殺され、亡命した人だった。

 「息子さんを殺されての亡命生活は大変でしょうに、日本に寄付くださるなんて…」と私が言うと、彼はこう答えた。

 「私の息子たちは自分の意志で、民族のために闘って死んだんだ。しかし、津波にのみ込まれた日本の人々はそうじゃない。自分の意志に関係なく、ある日突然、天災に遭うなんて実に気の毒だよ。そんな人たちを助けるのは人として当然だ」

 返す言葉がなかった。

 先進7カ国(G7)の一角を占める大国であるわが国。その国民である私たちの代表が、日本の行方を論じ、決定する国会では、ウイグル人への苛烈な人権侵害を行う中国政府を非難する決議が見送られた。

 全野党が承認していたにもかかわらず、最後の最後、自民、公明の両与党がまとまらず国会への提出がかなわなかった。

 自民党関係者と支持者らは「公明党が潰した」という。しかし、ほぼすべての事情を知る筆者はそうは思わない。政界きっての「親中派」とされる自民党の二階俊博幹事長と、その「懐刀」と言われる林幹雄幹事長代理は結局、「対中非難決議」の文案に「承認」のサインをしなかったという。ミャンマーの国軍を非難する決議にはすんなりサインをしたにもかかわらずだ。

 目撃した議員によると、ミャンマーに関する決議は、ミャンマー議連の会長を務める自民党の逢沢一郎衆院議員が、本会議場で幹部らの承認サインを集めて回るという、いとも簡単な手続きで「サッと出された」そうだ。

 中国への非難決議で求められた外交部会での承認という「党内手続き」も、相手がミャンマーだと必要ないらしい。自民党のご都合主義に鼻白む。

 今週月曜、国会会期末が迫り、野党が内閣不信任案を出した日の午後、自民党の下村博文政調会長、古屋圭司元国家公安委員長、高市早苗元総務相、長尾敬衆院議員らは、二階氏と林氏、森山裕国対委員長をそれぞれ訪ね、「対中非難決議文」の国会提出承認を求めた。

 下村氏の説明を聴いた二階氏が承認のサインをしようとペンを手に取ろうとしたその瞬間、「ちょっと待ってください」と止めたのが、林氏だった。二階氏の中国詣でにも随行している人だ。林氏は来月に迫った東京都議選で、いかに公明党と連携するかを語りながら承認を渋り、最後の最後、「こういうの(ウイグル問題)、あんまり興味ないんだ」と言い放ったという。

 中国海警局の船が連日、沖縄県・尖閣諸島を脅かしていることや、中国資本が日本の不動産を買い漁っていることが「日本の危機」であることは言うまでもない。しかし、国の行方を直接左右し得るリーダーが、「人として」の心を失う以上の危機はない。

■有本香(ありもと・かおり)ジャーナリスト。1962年、奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書・共著に『中国の「日本買収」計画』(ワック)、『「小池劇場」の真実』(幻冬舎文庫)、『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』『「日本国紀」の天皇論』(ともに産経新聞出版)など多数。

zakzak

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声