サザン&桑田佳祐の名曲2時間に大興奮!レコメン1位に…ファン「泣ける」「前奏のピアノ聞こえただけで…」 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

サザン&桑田佳祐の名曲2時間に大興奮!レコメン1位に…ファン「泣ける」「前奏のピアノ聞こえただけで…」

桑田佳祐
桑田佳祐

元NHKで、フリーの住吉美紀アナウンサーがパーソナリティーを務めるTOKYO FMの「Blue Ocean」(午前9~11時)で、18日、国民的バンド、サザンオールスターズと、そのボーカルの桑田佳祐が特集された。ラジオから流れる名曲の数々はネットでも話題になり、SNSにはリスナーからのコメントが相次いだ。

同番組では今週、「スーパー・アーティスト・ファイブ!」という企画が行われており、この日がその最終日。米津玄師、Mr.Children、宇多田ヒカル、SMAPに続き、大トリを飾ったのがサザン&桑田だった。

楽曲にまつわる思い出やサザンへのメッセージが紹介されるなか、「ピースとハイライト」「HOTEL PACIFIC」「愛の言霊~Spiritual Message~」「涙のキッス」「栄光の男」「海」「愛は花のように(Ole!)」「BAN BAN BAN」「スキップ・ビート」「明日晴れるかな」「みんなのうた」「希望の轍」という楽曲が流れ、多くのリスナーを興奮させた。

ツイッターには「サザン、桑田佳祐特集ヤバー!全てがはかどります!2時間じゃ全然足りないや(笑)」「車の中でカーラジオ流してたら、サザン流れてきて、サザン聞いたら、(国道)134号にドライブしにいきたくなってきた」「エロティックな曲からピースな曲まで ステキすぎるサザン!」「サザン、桑田さん特集。朝から素敵です。心地よい一日になります。ありがとうございます」などのコメントが殺到。リスナーからのレコメンド1位は、桑田が初監督を務めた映画「稲村ジェーン」の挿入歌「希望の轍」で、SNSには「ここで希望の轍は泣ける。ヤバい仕事しないと」「希望の轍、イントロから聴くだけで胸がギュッてなるの不思議です…きっと歌のパワー」「前奏のピアノ聞こえただけでテンションアップ」「『希望の轍』のおかげで『轍』という漢字を読めるようになった」などのツイートが寄せられた。

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 1席66万円「東京五輪プラチナチケット」キャンセル不可 購入者の悲劇
  3. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  4. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球