電撃退団のGスモーク「単身赴任」夫婦ともに限界 コロナ禍で家族にビザ下りず - イザ!

メインコンテンツ

電撃退団のGスモーク「単身赴任」夫婦ともに限界 コロナ禍で家族にビザ下りず

12日のロッテ戦7回に放った二塁打が最後の勇姿に=ZOZOマリンスタジアム
12日のロッテ戦7回に放った二塁打が最後の勇姿に=ZOZOマリンスタジアム

 巨人は17日、米国への帰国を希望するジャスティン・スモーク内野手(34)のため契約を解除し、ウエーバー公示の手続きを取ると発表。2年総額3億4000万円(推定)で迎え入れた、メジャー通算196発の大砲が電撃退団を選んだ裏には何があったのか。

 コロナ禍の水際対策で1軍合流が開幕から約1カ月後にずれ込んだ新助っ人砲は、ここまで出場34試合で打率・272、7本塁打、14打点。4番の岡本和が勝負を避けられないよう、後ろを打つ5番を重視する原監督の起用に応えてきた。

 だが、すでにこの日は機上の人となり、球団を通じて「新型コロナウイルスの影響で家族が来日できない状況は私にとってつらく、米国に帰国して家族と過ごすという決断をしました。チームメート、ファンの方々には申し訳ない気持ちです」とコメント。帰国の意向を大塚球団副代表が知らされたのは、わずか2日前の15日のことだった。

 「12時半くらいに契約解除したいと急に連絡が来た。13時からジャイアンツ球場で全体練習だったので、ミーティングが終わった後、すぐに都内に移動して本人と会いました。『14日に自分で決断した』と。30分くらい話したんですかね」

 当初からクリスティーン夫人と6歳、3歳の2女を伴った来日を熱望していたが、コロナ下で家族のビザ申請が通らず、見知らぬ異郷で単身生活が続いた。本人はもとより、太平洋を隔てた夫人にとっても大きなストレスになっていたようで、現地時間12日には自身のツイッターに「子供がベーグルにクリームチーズを入れ過ぎだと言う。うんざりしています。彼女は別の誰かみたい」などと投稿。1人での育児に悩み、精神的に疲弊した様子をうかがわせた。

 18日からの首位阪神との3連戦(甲子園)を前に思わぬ形での退団劇。大塚副代表は「優勝を狙うためには補強も大事。国内外ともに常にリストアップはしている。調査には入りました」。五輪による中断期間のため、今年の補強期限は8月末と例年より1カ月長い。常勝軍団には最後の最後まで、勝利の可能性を追求する義務がある。 (片岡将)

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳