真田広之「ジョン・ウイック4」に出演決定 ドニー・イェンも共演「もうジョン・ウィック絶対死ぬやん」とファン盛り上がる(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

真田広之「ジョン・ウイック4」に出演決定 ドニー・イェンも共演「もうジョン・ウィック絶対死ぬやん」とファン盛り上がる

映画「47RONIN」のワールドプレミアの際のキアヌ・リーブス(右)、真田広之(撮影:大塚美奈)
映画「47RONIN」のワールドプレミアの際のキアヌ・リーブス(右)、真田広之(撮影:大塚美奈)

俳優・真田広之(60)が、キアヌ・リーブスが主演するハリウッド映画「ジョン・ウイック」の最新作に出演すると、オンラインメディアの米デッドラインが現地時間の17日に報じた。このニュースを受け、真田の名が18日朝のヤフーリアルタイム検索トレンドにランクインして、映画ファンの注目が集まっている。

「ジョン・ウィック」は、リーブス扮する引退した凄腕の殺し屋の復讐劇を描くアクション映画で、2014年に公開された第1作から現在まで3作製作されている人気シリーズ。デッドラインの記事によると、真田が出演する4作目は、この夏、フランス、ドイツ、日本で撮影が始まり、米では22年5月27日に劇場公開されるとのこと。役柄については明らかになっていない。1作目から監督を務め、今作でもメガホンをとるチャド・スタエルスキ氏からの、「俳優としてもアクションパフォーマーとしてもヒロユキをずっと称賛してきた私にとって、『ジョン・ウィック』ファミリーに彼を迎えられるのは光栄なこと」とのコメントも紹介されていた。

真田はこれまでもハリウッドで、03年の「ラストサムライ」を皮切りに「ラッシュアワー3」「ウルヴァリン:SAMURAI」などの劇場用ヒット作や、テレビドラマの「LOST」「ウエストワールド」、ネットフリックスで配信中の「アーミー・オブ・ザ・デッド」など、多数の出演経験を積み重ねてきた。18日公開の格闘技アクション「モータルコンバット」でも主要キャストの1人として名を連ね、年齢を感じさせないキレのいいアクションに期待が寄せられている。リーブスとは「47RONIN」以来8年ぶりの共演となる。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳