【週末、山へ行こう】心和む梅雨時の花々 鎌倉アジサイ寺めぐり(神奈川県) 標高147メートル - イザ!

メインコンテンツ

週末、山へ行こう

心和む梅雨時の花々 鎌倉アジサイ寺めぐり(神奈川県) 標高147メートル

アジサイがびっしりと咲き乱れる明月院の入口
アジサイがびっしりと咲き乱れる明月院の入口

 梅雨時、町なかでアジサイの花が見られるようになると、アジサイを目当ての山歩き、町歩きがしたくなる。首都圏でアジサイのお花見の定番といえば、鎌倉だろうか。鎌倉はアジサイの名所に事欠かない。

 この時季は、北鎌倉駅を起点に低山歩きとアジサイを組み合わせて過ごす1日が楽しみだ。鎌倉は「古都」のイメージが強いが、町から少し離れれば山が広がっている。低いながらも緑が豊かで、手頃にハイキングが楽しめるのが魅力。なかでも、「鎌倉アルプス」の別名を持つ天園ハイキングコースは、鎌倉市街の北側に連なる山々をつなげて歩く、人気のルートだ。

 鎌倉アジサイ寺めぐりのプランニングの中心となるのは、なんといっても鎌倉屈指のアジサイ寺、明月院。境内には数千本のアジサイが植栽されており、見頃の時期には山の斜面を埋めつくすようにブルーのアジサイが咲き乱れる。入り口から山門に向かう階段沿いにびっしりと咲くアジサイにも心が躍る。時間をかけてゆっくり散策をしたいところだ。

 ルート取りは自由自在。北鎌倉駅を出発し、明月院での散策後、天園ハイキングコースに入り、勝上嶽(しょうじょうけん)まで進んで建長寺に下れば、しっとりした山の風情も、相模湾の展望も楽しめる。お楽しみを最後に取っておきたいなら、北鎌倉駅から展望の山・六国見山に向かい、明月院に下山するのもよいだろう。しっかり歩きたいなら六国見山と天園ハイキングコース前半を組み合わせてもいい。

 山道を下りてきたら、沿道のお寺に立ち寄りながら北鎌倉駅を目指す。「花の寺」とうたっていなくても、この時季はどの寺も花がきれいだ。アジサイ、イワタバコ、ハナショウブ、しっとりと咲く梅雨どきの花が心を和ませてくれる。散策後にはしゃれた雰囲気の茶店や食事どころで、山と花の余韻に浸っていきたい。


 ■登山にあたっては、お住まいの地域の状況を考慮したうえで、入山可能か(入山自粛要請が出ていないか)を現地のサイトなどでご確認ください。歩行時には他の登山者との間隔をあける、公共交通機関乗車時や施設入館時のマスク着用など、新型コロナウイルス感染予防を心がけましょう。

■鎌倉アジサイめぐりおすすめルート北鎌倉駅…明月院…勝上嶽…建長寺…北鎌倉駅 歩行時間 約1時間30分/難易度★(最高難易度★★★★★)

■コースガイド JR横須賀線北鎌倉駅を起点に周回。線路沿いの道を進み、道標に従って左折し明月院へ。散策後は来た道を少し戻って天園ハイキングコースへ。多少登りごたえのある山道を進み勝上嶽に出たら、急な石段を下って建長寺へ。拝観後、北鎌倉駅を目指す。

■おすすめシーズン 1年を通じて歩くことができるが、夏は暑くて不向き。アジサイの見頃は6月、時期を同じくしてイワタバコも。紅葉は11月下旬~12月上旬。

 ※2021年は6月1日~6月30日まで平日のみ開門、土日は終日閉門

■西野淑子(にしの・としこ) オールラウンドに山を楽しむライター。日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。著書に「東京近郊ゆる登山」(実業之日本社)、「山歩きスタートブック」(技術評論社)など。NHK文化センター「東京近郊ゆる登山講座」講師。

zakzak

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声