台湾侵攻「可能性低い」 米軍制服組トップ - イザ!

メインコンテンツ

台湾侵攻「可能性低い」 米軍制服組トップ

産経ニュース

米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は17日、中国が台湾を軍事侵攻する可能性について、軍事的な能力が不足している上、動機も見当たらないとして「短期的には低いと考えている」との見解を示した。上院歳出委員会の公聴会で議員の質問に答えた。

ミリー氏は「中国が台湾全体を軍事的に掌握する能力を持つには、まだまだ時間がかかる」と強調。現時点で侵攻に踏み切る「軍事的な理由もない」と分析した。

中国による台湾侵攻を巡っては、3月に米インド太平洋軍のデービッドソン司令官(当時)が、6年以内に起きる可能性があるとの見解を示している。17日の公聴会に同席したオースティン国防長官は「中国の悲願が台湾統一なのは間違いない」としつつ、時期に関してはさまざまな分析があると述べるにとどめた。(共同)

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  3. 1席66万円「東京五輪プラチナチケット」キャンセル不可 購入者の悲劇
  4. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球