朝ドラおかえりモネ、ツンデレ菅沼先生に視聴者胸キュン!お天気講座も受講希望者殺到? (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラおかえりモネ、ツンデレ菅沼先生に視聴者胸キュン!お天気講座も受講希望者殺到?

菅波光太朗役を演じる坂口健太郎 (C)NHK
菅波光太朗役を演じる坂口健太郎 (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第24話が17日、放送され、俳優・坂口健太郎演じる医師、菅波光太朗の言動がネットで大きな話題となった。この日、ツイッターでは「菅波先生」がトレンドに入り、主人公・永浦百音(清原果耶)とのやりとりに「惚れてまう!」「あざといよ~」「めっちゃモネのこと好きやん」などのコメントが殺到した。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く同作。ドラマは第5週「勉強はじめました」(21~25話)が放送中で、この日も、気象に興味を持った百音が菅波と天気について勉強するシーンが描かれた。

百音に対して常にドライで無愛想だった菅波。しかし、百音が気象予報士の仕事に興味があると告白したころから、その距離感が徐々に縮まり、最近では、まるで家庭教師のように振る舞い、勉強する百音に連日付き合っている。

この日の放送で、菅波はふいに百音に中学校で学ぶ理科の参考書をプレゼントする。菅波は、百音が何気なしに口にした「9月生まれ」「1995年」「台風」「満月」というワードから、彼女の誕生日を割り出し、「多分、(百音の誕生日は)一昨日ですね」と指摘。ぶっきらぼうながらも、自分のことを気にかけてくれる菅波に百音は「ありがとうございます」と感謝した。菅波は「しかし、誕生日プレゼントに参考書って…。子供なら泣くレベルの嫌がらせ…」ともじもじしたが、百音はそんな菅波の態度がうれしかったようで、早速、その参考書に目を通した。

ここにきて急接近する2人にネットも大盛り上がり。特に菅波の“ツンデレ”具合がSNSで話題となり、「菅波先生、モネの『大型台風が来た日』『満月だった』のヒントで過去の気象データからお誕生日を割り出すの、もう完全にモネのこと好きなんだな。自分でも気付いているレベルかな。一歩間違えるとけっこうキモいけど、菅波先生だから許されるぞ…!」「台風と満月ってだけで誕生日を割り出すの、もう好きじゃん!菅波先生だからいいけど普通に狂気」「モネとのあの会話からの誕生日の調べて、誕生日プレゼント渡しちゃうのすごい(笑)」「アレ菅波先生以外の人がやってたらちょっと引いてしまうよな…坂口健太郎だから許されるよな…でも菅波先生なのでオールオッケー!」などのツッコミが相次いだ。

  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声