女子アナの結婚相手は高収入ばかりじゃない?庶民派結婚で好感度アップの例も(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

女子アナの結婚相手は高収入ばかりじゃない?庶民派結婚で好感度アップの例も

ポストセブン
吉本興業社員と結婚した内田恭子アナ。その後はベストマザー賞も受賞している(時事通信フォト)
吉本興業社員と結婚した内田恭子アナ。その後はベストマザー賞も受賞している(時事通信フォト)

6月7日に結婚を発表した加藤綾子アナのニュースが日々メディアを賑わせている。当初“一般男性”とされていた相手が年商2000億円企業の2代目社長と判明すると、世間はざわついた。年商と年収は別とはいえ、相当な資産と収入があることは間違いない。芸能記者が話す。

「お金の話には、誰でも興味がありますからね。しかも、年商とはいえ半端ない額だったので、インパクトが強かった。ただ、カトパン自身が高額所得者ですから、自分以上の年収の男性と結婚しても何ら不思議ではありません。過去を振り返っても、ほとんどのキー局女子アナ出身者が推定年収1000万円以上の男性と結ばれています。“玉の輿”と言われがちですが、キー局のアナウンサーになれば年収1000万円に届きますから、言葉の誤用でしょうね」

『女子アナはお金持ちと結婚する』というイメージがあるが、中には1000万円に届かない男性とゴールインしたアナウンサーもいる。帯のスポーツニュース『すぽると!』、浜田雅功司会の『ジャンクSPORTS』などで大人気だったフジテレビの内田恭子アナは、29歳の2006年1月に32歳の吉本興業社員との婚約を発表。当時の会社四季報によれば、お相手の年収は600万円台前半と見られていた。彼は浜田雅功のマネジメントを担当しており、2人は仕事を通じて知り合っていた(肩書きはいずれも当時)。

「時間外手当が付くので、本当はもっと上だったかもしれません。ただ、1000万円には届かなかったのではないか。自分よりも年収の低い男性と結婚した内田アナは好感度がさらに上がりました。世の男性の中には希望を持った人もいるでしょうし、女性からの共感も得たと思います」(以下同)

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも