白石麻衣、乃木坂卒業後初の連ドラ出演 「毎週まいやん見られる」とファン歓喜 企画・原作は秋元康氏(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

白石麻衣、乃木坂卒業後初の連ドラ出演 「毎週まいやん見られる」とファン歓喜 企画・原作は秋元康氏

白石麻衣
白石麻衣

乃木坂46の元メンバーでタレントの白石麻衣が7月23日スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「漂着者」(金曜後11・15)に出演することが16日、同局の公式サイトで発表された。乃木坂46卒業後、初の連続ドラマ出演となり、グループ卒業後のキャリアを着実に歩む白石に、ファンからエールが送られている。

俳優の斎藤工が主演を務める同作は、とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まる。偶然この男を発見した女子高生たちが、軽い気持ちでSNSに動画を投稿したことで、男は一躍時の人に…。記憶がなく、自分が何者かもわからないこの男が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていくといったストーリー。企画・原作を秋元康氏が担当する。

白石が演じるのは、正体不明の男・ヘミングウェイ(斎藤)の謎を追う新聞記者・新谷詠美(しんたに・えみ)。スクープを狙い、ヘミングウェイを取材するうちに彼に魅入られていくといったキャラクターだ。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも