清原和博氏のベスト・ファーザー賞受賞にネット民の反応さまざま「更生に向けて一生懸命頑張る姿はカッコイイ」「何がベストやねん」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

清原和博氏のベスト・ファーザー賞受賞にネット民の反応さまざま「更生に向けて一生懸命頑張る姿はカッコイイ」「何がベストやねん」

「第14回 ベスト・ファーザー賞in関西授賞式」のスポーツ部門特別賞を受賞した清原和博氏
「第14回 ベスト・ファーザー賞in関西授賞式」のスポーツ部門特別賞を受賞した清原和博氏

プロ野球の西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を放った清原和博氏(53)が14日、「第14回 ベスト・ファーザー賞in関西授賞式」のスポーツ部門特別賞を受賞したことを受け、ネット上にはプロ野球ファンを中心にさまざまな意見や感想が寄せられている。

清原氏はこの日、大阪市内のホテルで催された授賞式に出席。2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、昨年6月に執行猶予期間が満了したが、その状況下でも絶やすことなく息子2人に愛情を注ぎ、再起を果たそうと前向きに生きる姿に、スポーツファンだけではなく、国民が感銘を受けていることが受賞理由となった。

14日付のサンケイスポーツ(電子版)によると、同氏は壇上で「元妻に報告して、すごい喜んでくれましたが、複雑でした」と苦笑い。今月に入り、慶大野球部に入った長男・正吾さん(18)が六大学新人戦で公式戦デビューを果たし、「命がけで野球をやってきたんですけど、その野球を2人の息子がやって、また息子と野球でコミュニケーションが取れる。野球と息子と妻に感謝です」などと喜びを語った。

同日深夜には公式ツイッターを更新し、「今日、父と母のお墓参りに行ってきた。その夜、大阪にて関西ベストファーザー賞を頂いた。選考理由は挫折した自分に激励を込めてとの事、一番悪い父親が…。感謝しか出て来ない。大阪岸和田に生まれて本当に良かった!23時08分品川駅に着き帰りのタクシーの中から東京の空を見たらため息が出た」と素直な気持ちをファンに向けてツイート。フォロワーからエールが殺到している。

「一度失敗しても腐らずに己の弱さを認めて、更生に向けて一生懸命頑張る姿は、カッコイイです。自分は大学生ですが、いつもキヨさんの男らしいかっこいい背中見してもらってます、頑張って下さい」

「ベストファーザー賞おめでとうございます。挫折から一歩一歩歩みを進める姿は、息子さんたちだけでなく、失敗から立ち上がる姿として、たくさんの方の励みにもなるはずです。私にとってもキヨさんは、今でも『がんばる原動力』です」

「キヨさんみて球児になった人間が星の数程いる。その球児の親でもある」

  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート