野党4党、内閣不信任案を共同提出 与野党攻防に疑問の声…識者「左派野党の選挙向けアピール、いずれブーメラン」 - イザ!

メインコンテンツ

野党4党、内閣不信任案を共同提出 与野党攻防に疑問の声…識者「左派野党の選挙向けアピール、いずれブーメラン」

15日に不信任案を提出した野党
15日に不信任案を提出した野党

 立憲民主党や共産党など左派野党4党は15日午前、菅義偉内閣に対する不信任決議案を衆院に共同提出した。新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)に歯止めがかからないなか、国会会期を延長せずに東京五輪・パラリンピックを開催しようとしているのは無責任だと批判している。自民、公明両党は午後の衆院本会議で否決する構え。今回の与野党攻防には識者からも疑問の声が聞かれる。

 「菅内閣が不信任に値する事項は、数多(あまた)存在している」

 立憲民主党の枝野幸男代表は14日、国会内で共産、国民民主、社民の各党党首と会談後、記者団にこう語った。

 野党4党は、新型コロナの収束に向け、2021年度補正予案を編成すべきだと、3カ月間の会期延長を求めたが、与党は拒否した。これを受け、国会会期末(16日)直前のタイミングで、2年ぶりとなる内閣不信任案提出に踏み切った。

 だが、政治評論家の伊藤達美氏は「左派野党は、菅内閣がコロナ対応優先のうえ、東京五輪の開会式(7月23日)が近いため、『衆院解散に踏み切る可能性は低い』とみて不信任案を出すのだろう。選挙向けに対決姿勢をアピールするような姿はむなしい。国会は攻めた方が責任を持つ。いずれブーメランとしてはね返る」と指摘する。

 国会会期末が近づくが、自衛隊や原発など安全保障上重要な施設周辺の土地利用を規制する法案や、中国当局による人権侵害行為の即時停止を求める国会決議などは積み残しのままだ。

 国会は内閣不信任決議案の採決を優先するため、重要法案や決議が時間切れになりかねない。

 伊藤氏は「与党にも、『中国には目くじらを立てなくても』という議員がいる。与党は国会対応で『大人の対応』を見せたつもりだろうが、心ある国民には受け入れられないだろう」と語っている。

zakzak

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は