「マスク頭痛」トレンド入り 「頭痛増えた」「私も」「毎日酸欠」など共感の声相次ぐ(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「マスク頭痛」トレンド入り 「頭痛増えた」「私も」「毎日酸欠」など共感の声相次ぐ

産経ニュースの公式ツイッターが投稿した記事のツイートには、1000件を超える「いいね」がついて、多数のリプライも寄せられ、ネット民の関心を集めた。リプ欄には、「私もマスクしてる去年くらいから、頭痛に悩まされてる」「たしかに最近頭痛おこす回数が増えた」「フェイスシールドもしてるから毎日酸欠を感じてる」「ここのところ片頭痛が続くのは気圧の問題だけじゃなくこれが原因か?」など、同様の症状に悩んでいるとのコメントが相次いでいる。

「コロナでなけりゃ何でも良いって言うコロナヒステリーマスクヒステリーが問題」との指摘があるように、マスクそのものだけでなく、どんな状況でもマスク着用を強いるような風潮が、人々に無理をさせていると見るツイ民も少なくない。「状況と体質に応じて適度に付けたり外したりしようって話」「臨機応変にやらせてほしい」「マスクは必要だけど、他の健康被害にも気を付けるべき」など、感染予防には十分に配慮したうえで、柔軟にマスクを活用していくべきとの書き込みがいくつも見受けられる。

実際にマスク頭痛と見られる症状に悩む人からは、「コロナ禍になってから毎日バファリン飲まないと仕事にならないし、職場で測ったらSpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)が89%だった(普通は95%以上)。他人との距離が余裕で取れる時や、その部屋に自分1人しかいない時は適度に外してる」と、すでに具体的に対処しているとの声もあがっていた。

一方で、「大人は自分で判断できるけれど、子供達が心配…。苦しかったらはずしてねって伝えているけどガマンしていないといいな」など、マスクを外すべきか、外して問題ないかの判断が難しいケースもあるとの懸念も見受けられた。

  1. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性
  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも
  5. 最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?