朝ドラ「おかえりモネ」りょーちん→菅波先生→中村先生からの…アンカー当郎におちょやんファンも歓喜「イケメンリレーに眼福」 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラ「おかえりモネ」りょーちん→菅波先生→中村先生からの…アンカー当郎におちょやんファンも歓喜「イケメンリレーに眼福」

永浦百音(清原果耶)と菅波光太朗(坂口健太郎) (C)NHK
永浦百音(清原果耶)と菅波光太朗(坂口健太郎) (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第21話が14日、放送され、劇中に永瀬廉演じる及川亮と、坂口健太郎扮する菅波光太朗が登場。「りょーちん」からの「菅波先生」という、主人公永浦百音(清原果耶)に関係するイケメンのリレーにSNSが月曜の朝から大盛り上がりになった。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマはこの日から第5週「勉強はじめました」(21~25話)が始まり、お盆休みを終えた百音が故郷の亀島から登米へと戻る様子が描かれた。

その道中で幼なじみの亮と出会った百音。亮は、同級生たちが集まった盆船奉納に顔を出しておらず、百音は、亮と父、新次(浅野忠信)との関係を心配した。かつては気仙沼で右に出る者はいないと言われたほどのカリスマ的漁師だった新次だが、東日本大震災で自分の船を失ってしまい、それ以来、立ち直るきっかけをつかめずにいた。盆船奉納の日も酒に酔った新次がトラブルを起こしてしまい、亮はその対応に追われ、百音たちに会うことができなかった。百音の大きな荷物を軽々と持ち上げる亮。別れ際、「なんか困ってんなら…、何もできないけど、メールとか、電話とか聞くから」と切り出す百音に、亮は「やめよう…」といい、「ごめん、そういうのは俺、やっぱりいいわ。じゃあな!」と屈託なく笑った。

その後、バス高速輸送システム(BRT)に乗り込んだ百音。すると最後部の座席に、百音が働く森林組合にある診察所の医師、菅波が乗っていた。菅波は相変わらず無愛想で、気まずくなった百音は車内で気象予報士試験の問題集を読み始めた。百音が気象予報士の仕事に興味があると知った菅波は、百音に対し、難しい本ではなく、まずは絵本や漫画から入る方が向いているとアドバイスした。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」