男性の結婚難が続く中国 結婚式動画で結婚詐欺が発覚する例も - イザ!

メインコンテンツ

男性の結婚難が続く中国 結婚式動画で結婚詐欺が発覚する例も

ポストセブン
出港してから間もなくして、1日以上も動かなくなったという
出港してから間もなくして、1日以上も動かなくなったという

中国内モンゴル自治区の西部に位置するバヤンノール市在住の35歳の男性が今年3月、自分と結婚して2カ月しか経っていない新妻と他の男との結婚式の模様を動画サイトで発見、「そんなはずはない」と思いつつ警察に相談したところ、男性は結婚詐欺に引っかかっていたことが分かった。警察の調べでは、新妻は結婚詐欺グループの1人で、他のもう一人の妻役の女と結婚願望の強い男を騙しており、2人で19人の男性から計200万元(約3400万円)を騙し取っていたという。

中国では男女の人口比率がアンバランスで、20~40歳までの男性の数は女性よりも1750万人多く、男性の結婚難が続いており、結婚詐欺グループに騙される男性が後を絶たない状態だ。中国国営通信社の中国新聞社が報じた。

この男性、李嘉政氏(仮名)は日ごろ両親から「早く孫の顔が見たい」などと言われており、結婚紹介所で知り合った仲人役の女性から「いい女性がいる」などとして、この女を紹介された。

女は内陸部の甘粛省出身で、李氏と数回会った後、「最近、離婚したばかりだ」と告げたが、李氏は「そんなことは構わない」などと答えて、結婚することになった。李氏は今年1月に故郷のバヤンノール市で結婚式を挙げたが、女は「甘粛省に住んでいる母親が病気になったので、様子を見てくる」などと言って、帰省費用や見舞金などとして10万元(約170万円)を受け取った。その後、女は電話で、「母の病状が思ったよりも悪い」などとして、一向に李氏の元に戻る気配はなかった。

そのような折も折、李氏はたまたま見ていた動画サイトで、甘粛省の実家で母親の看病をしているはずの新妻と、見ず知らずの男の結婚式の動画を見つけたという。

李氏は狸に化かされたような気分だったが、その動画に映っていた結婚式場にまで足を運び、式場の係員から新郎の名前を聞き出し、会って話しをしてみると、彼女が李氏の新妻と同一人物であることが分かった。このため、2人は警察に通報。その後の警察の捜査で、新妻は結婚詐欺グループの一味だったことが判明。李氏に新妻役の女を紹介した仲人役の中年女も一味の1人だった。

中国では昨年5月にも、結婚詐欺グループの女が広東省広州市に住む男性から約50万元(850万円)を騙し取り、結婚式を挙げたあと行方をくらませた事件が起きている。このケースでは、女の氏名、年齢、戸籍、身分証、財産、経歴などすべてがウソで、結婚式に参加した新婦側の家族や親類、友人ら50人もすべて金で雇われた人間だったという手の込んだ結婚詐欺だったという。

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人