カトパン「結婚ありき」で交際スタート 決め手は夫の「口の堅さ」 - イザ!

メインコンテンツ

カトパン「結婚ありき」で交際スタート 決め手は夫の「口の堅さ」

ポストセブン
電撃婚で驚かせた(写真は2020年3月)
電撃婚で驚かせた(写真は2020年3月)

フリーアナウンサーの加藤綾子アナ(36才)が6月7日、結婚したことを発表した。お相手のAさんは、関東を中心に展開スーパーマーケットチェーンを手掛ける39才慶応大学卒の経営者だ。

2019年9月には、三代目 J SOUL BROTHERSのNAOTO(37才)との“婚前旅行”が報じられたこともあるカトパン。恋の遍歴は華やかだ。

2013年には、当時西武ライオンズの選手だった片岡治大氏(38才)と、2014年には紗栄子(34才)と離婚後のダルビッシュ有選手(34才)とのデート報道もあった。

「いうまでもなく彼女はモテますし、結婚願望が強かったため恋愛にもかなり積極的でした。それでも彼女の口グセだった“35才までには絶対結婚したい”というのは叶わなかった。

だからということもあったのか、Aさんとは初めから結婚ありきで交際をスタートさせたようです。彼女なりに着地点を見すえ、しっかり決着をつけたなと思います」(加藤の知人)

カトパンがAさんと結婚を決めたのには、いくつか理由があるという。

「加藤さんはとにかく家族思い。自分が育ったような家庭を自分も早く持ちたいと言っていました。

母親へのあこがれも強いようです。というのも、加藤さんは子供の頃、アトピー性皮膚炎のため、米や小麦、肉などを食べられない生活を送っていました。そうした生活を支えてくれたのが、お母さん。だから自分が母親になったときには、なるべく多くの時間を子供と過ごしたいとも言っていました。

Aさんとはそんな将来のプランをしっかり話し合えたようで、Aさんもその思いを共有してくれたようです」(前出・加藤の知人)

1年に満たない交際期間での結婚だったが、Aさんの口が堅かったこともカトパンが結婚を決意する大きなポイントになった。

「彼女は、プライベートを多く語らないタイプ。アナウンサーという職業柄、私生活が広く知られることがマイナスであると自覚している。ニュースに“色”がつかないよう行動も気をつけていました」(前出・加藤の知人)

結婚もアナウンサーにとってはマイナスなのではないか―こうした不安をかつて、フジテレビの先輩である高島彩(42才)に、赤裸々に相談していたこともあるほどだ。

「Aさんは経営者ながらメディアにほとんど顔を出さないなど、プライベートを大っぴらに明かす人ではない。この数か月の間に、自分たちの交際が一切明るみに出なかったことからも、加藤さんはAさんの口の堅さを信頼したのでしょう」(前出・加藤の知人)

さらには、Aさんが“一般の方”であることもプラスに働いた。

「加藤さんは、NAOTOさんとの交際中にSNSでいわれない誹謗中傷を受けていました。これには本当に悩まされていたようで、“私には有名人の妻は無理”と漏らすほど。そうした経験を経て、次第に、結婚するなら人気者の有名人よりは、一般の人の方が穏やかに過ごせていいと思うようになったようです」(芸能記者)

結婚を発表した6月最初の月曜日、仕事を終えたカトパンが帰っていったのは、結婚前と同じマンションの一室だった。

「結婚の発表はしたものの、まだ同居はしていないのではないでしょうか。これまでは彼が加藤さんの自宅によく足を運んでいましたから、今後もしばらくはそうした生活が続くのかもしれません」(前出・加藤の知人)

めぐり逢えた運命の人と、どうぞお幸せに。

※女性セブン2021年6月24日号

関連記事
  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は