人気急上昇、阪神・佐藤輝に祖父母も“大フィーバー” 試合後に「写真撮ってください!」 - イザ!

メインコンテンツ

人気急上昇、阪神・佐藤輝に祖父母も“大フィーバー” 試合後に「写真撮ってください!」

二盗を決め足でも見せた佐藤輝
二盗を決め足でも見せた佐藤輝

 阪神・佐藤輝明内野手(22)の人気急上昇に伴い家族の知名度もうなぎのぼりだ。

 11日の楽天戦(楽天生命パーク)に地元の宮城県柴田郡に住む祖父母が孫のプロ入り後、初めて観戦。球場到着から地元の民放テレビ局2社が夕方のローカルニュースやスポーツ番組用に取材する力の入れよう。試合途中、球場内で迷子になると、背番号「8」のユニホーム姿の阪神ファンに「おばあさん、席はあちらですよ!」と案内され、試合後には「おじいさん、おばあさん。写真撮ってください!」と大フィーバーだった。

 イチロー、松井秀喜、ゴルフの石川遼、横峯さくらなど一流アスリートには必ずといっていいほど家族の支えがあり、その存在は大きい。「一流プレーヤーとしてのステータスが1つ上がったのでは?」と振ると祖母の佐藤美智恵さん(82)は「務まりますかね。今日もホームランが期待される中、ヒット1本しか打てませんでした。それでも大きな声援を送ってくれる。孫は幸せ者ですよ」と笑った。

 これまでの活躍ぶりには「ほんと、予想以上。楽天(の選手)じゃないのにいろんな方から『頑張ってるよね』と声をかけてもらえる」。新型コロナウイルス関連のニュースが多い中で明るい話題を提供し続けており、「孫がプロ野球界に入ってよかった」とうなずいた。

 一気にスターダムへと駆け上がる佐藤輝は、7月の球宴ファン投票は12球団断トツの20万票を獲得。キャンプからけがなく過ごしスタメンで成績も残している。人気はまだまだ上がりそうだが、それだけに心配もある。 「すべてうまくいき過ぎている分、失敗してから立ち直れるかが怖い。また、これだけ名前が出て近づいてくる人も多いですから」。今後も「『一流になる前から周りにおごってもらい、自分のお金でご飯食べなくなったら人生終わりだよ』と言い続けます」と力を込めた。

 祖父母が見守る絶好の機会に佐藤輝は感謝のアーチを仙台の空にかけることができるか。 (山戸英州)

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート