鈴木京香の意外なこだわりに新聞業界が歓喜?「共感します」「業界が泣いて喜ぶ」 - イザ!

メインコンテンツ

鈴木京香の意外なこだわりに新聞業界が歓喜?「共感します」「業界が泣いて喜ぶ」

鈴木京香
鈴木京香

11日に放送されたNHK総合の情報番組「あさイチ」に女優の鈴木京香が生出演。意外な自身のこだわりについて明かし、共演者を驚かせる一幕があった。

番組の最後のコーナーで、視聴者からの質問に答えた鈴木。そのなかに「今の京香さんにとって、これだけは譲れないということは何ですか?」というメールがあった。これに鈴木は「新聞!」と言いながら人差し指を上に向け、「新聞は紙で(読む)」と強調した。

鈴木の言葉にMC陣が即反応。博多大吉が「ほ~お。電子では読まない?」と驚くと、「新聞はそうですね」と鈴木。そして「(ネットは)自分で選んで読むけど、(紙は)いろいろ全部、目に入ってきますから。(紙で読むことを)心掛けています」と補足した。博多華丸が「朝起きて、新聞、広げられんですか?」と尋ねると、「はい。現場に持って行ったり」とコメント。華丸は目をさらに大きくさせながら「かっこいい~」と唸った。

このやり取りにネットユーザーも反応し、ツイッターには「新聞は紙で!共感します」「我家もそうだな。やめようと思いつつ、やっぱり購読続けてる」などの声。新聞業界の関係者からと思われる投稿で、「日々議論を重ねて新聞を作っている身からすると、ホントにうれしい」「業界が泣いて喜ぶな~」というツイートもあった。

また、「これが苦手というものがあれば教えてください」という質問には、「虫です…」とし、「Gです」と答えた鈴木。「G」とは、ゴキブリのことで、仮に自宅でGを見つけてしまったときは、「引っ越しを考える!」と訴え、スタジオを沸かせた。



  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人