【ぴいぷる】歌手・原田悠里 デビュー40年目、師にファンに贈る感謝の歌 「耐え抜けば必ず花が咲く」つらい時期も北島の言葉に励まされ - イザ!

メインコンテンツ

ぴいぷる

歌手・原田悠里 デビュー40年目、師にファンに贈る感謝の歌 「耐え抜けば必ず花が咲く」つらい時期も北島の言葉に励まされ

 デビュー前は、横浜市内で音楽教師として働いていたという異色の経歴の持ち主。後に師匠となる北島三郎の舞台に感銘を受け、一念発起。27歳という遅咲きだったが、この6月でデビュー40年目、メモリアルイヤーを迎えた。

 「あまり振り返らない性格ですけど、コロナ禍の1年は、これまでのことを立ち止まって考え直すことのできた貴重な時間でもありました。40年間もファンの前で歌わせてもらって、たくさんの人に支えてもらいました。これまで師匠の下で思い切りやらせてもらったことに感謝しています」

 何をするにしても気を使い続けた1年だった。再びファンの前でパワーアップした歌唱を披露できると信じて始めたのがウオーキング。

 最初は家庭用ランニングマシンを買ってみたものの、景色の変わらない単調さに飽きてしまった。そこで外を歩くことに。歩くたびに変わる季節や人の流れを眺めた。そのウオーキングで、口ずさんでいた曲こそが今回の新曲だ。

 ジャズのおしゃれなリズムと温かいメロディー。どこか優し気な美声が広がる楽曲は、1994年発売のアルバム『春しぐれ~女…ひとり歌紀行』に収録された『港町シネマ』。約13カ月ぶりとなる待望の新シングルとしてリリースした。

 「27年前の自分に体力や若さは負けちゃうかもしれないけど、苦しいコロナ禍の1年を楽曲にぶつけました。レコーディングでは張り切り過ぎて、開始20分は金縛りにあったように声が出ませんでしたけど、以前のようには簡単に会えなくなってしまったファンに向けて、自分なりの表現ができたと思います」<page/>

 CDジャケットにもホームステイ中に見つけた趣味のこだわりを表現している。

 「巣ごもりの時間で昭和シネマにもハマっちゃって、1年で100本くらいは見たかしら。だから衣装も名優オードリー・ヘプバーンなの。ヘプバーンの写真集を買ってきては研究したりして。やっぱりコピーするならエリザベス・テイラーじゃなくてヘプバーンよね。『今度の衣装、いいね』って言われるとうれしいな」とはにかむ。

 カップリング曲は、師である北島が書き下ろした『ありがとうの空』。北島ファミリーである山口ひろみ(46)、北山たけし(47)、大江裕(31)と4人で合唱するのは初の試み。ファンへの感謝を『港町シネマ』とは異なる形で歌に乗せる。

 「北島先生が楽曲に特別な思いを込めてくださり、非常に感謝しています。ファミリーにはレコーディングだけの関係ではなく、日頃からの絆があるので、気持ちをひとつにすることができました。ファミリーとしてもコロナ禍における新たなスタートを感じてもらえる作品になったと思います」

 今月25~27日には新歌舞伎座(大阪市)で「北島三郎ファミリーコンサート 2021」を予定しており、ファミリーとファンの絆もより一層深まっていくだろう。

 これまで突っ走ってこれたのは、ヒット作に恵まれなかったつらい時期に、直接、北島がかけてくれた「耐え抜けば必ず花が咲く」という強い言葉があったからだ。弟子には歌の練習やトレーニングする姿を一切見せず、背中で語る師匠だけに、その言葉が心に深く突き刺さった。

 「才能だけでなく、人間としても尊敬できる方ですし、何事もごまかさず堂々と向き合ってきたからこそ、スターであり続けているのだと思います。年齢とともに衰えてくる部分はあるのでしょうけど、師匠のように自らを日々進化させていきたいですね」(ペン・松村友二 カメラ・酒巻俊介)

 ■原田悠里(はらだ・ゆり) 歌手。1954年12月23日生まれ、66歳。熊本県出身。鹿児島大教育学部音楽科卒業後、小学校の音楽教師を経て、82年、『俺に咲いた花』(キング)でデビュー。85年の『木曽路の女』がミリオンセラー、99年の『津軽の花』は第41回日本レコード大賞で優秀作品賞受賞。同年から2001年まで3年連続でNHK紅白歌合戦出場。05年の『沙の川』は第47回日本レコード大賞で金賞受賞。4月21日に新曲『港町シネマ』をリリース。6月25~27日に大阪市・新歌舞伎座で「北島三郎ファミリーコンサート2021」に出演。

zakzak

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…