ロシアに拿捕された漁船、解放され帰港 日本側は抗議 - イザ!

メインコンテンツ

ロシアに拿捕された漁船、解放され帰港 日本側は抗議

産経ニュース
ロシア・コルサコフに連行された「第172栄宝丸」(手前)=5月29日(共同)
ロシア・コルサコフに連行された「第172栄宝丸」(手前)=5月29日(共同)

北海道稚内市沖のオホーツク海でロシア当局に拿捕され、極東サハリン州南部コルサコフ港に連行された底引き網漁船「第172栄宝丸」が11日早朝、稚内港に帰港した。5月28日から約2週間留め置かれ、10日に解放された。

ロシア国境警備局は10日、栄宝丸がロシアの排他的経済水域(EEZ)の漁業規則に違反したなどとして罰金600万ルーブル(約900万円)を科したと発表。船側は全額納付し、同日午後にコルサコフ港を出たが、稚内港は照明設備がなく夜間は危険なことから、11日の帰港となった。

栄宝丸が所属する稚内機船漁業協同組合は拿捕後、船は日本のEEZから出ておらず、不当な連行だと主張。政府もこれを確認し、ロシア側に抗議していた。(共同)

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  3. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球