阪神・近本、関学大先輩・宮西撃ち!3週間ぶり4号ソロ(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

阪神・近本、関学大先輩・宮西撃ち!3週間ぶり4号ソロ

サンスポ
近本は先輩・宮西の初球を完璧にとらえた
近本は先輩・宮西の初球を完璧にとらえた

(セ・パ交流戦、日本ハム2-4阪神、3回戦、阪神3勝、9日、札幌D)狙いをすまし、フルスイングすると、白球は黄色く染まった右翼席へ消えていった。打った瞬間スタンドインを確信した近本はゆっくりと歩を進め、関学大の先輩・宮西から放った会心の一撃に表情を緩めた。

「ストレートを仕留められていないところがあったので、ストレートにしっかり合わせながら、先輩の宮西さんとの勝負も楽しみだったので、しっかり振り切れた。結果的にも追加点でよかったと思う」

1―0の七回、2死走者なしで打席に立つと、セットアップ左腕の初球141キロを一閃。5月19日のロッテ戦(甲子園)以来、3週間ぶりの4号ソロでリードを広げた。

相手の宮西は関学大で近本の9学年上の先輩。2019年の交流戦では2打数2三振に抑えられていたこともあり、今回の〝同門対決〟に燃えていた。「(2年前に)2三振食らっていたので。それは覚えていたし、しっかり初球から打ちにいこうとは思っていた」。積極的な姿勢で〝3度目の正直〟を決めた。

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  3. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球